2012年10月31日

プリンをやめられない糖尿病患者が主役(堺雅人)の映画

11月17日公開の映画「その夜の侍」で、主演の堺雅人さんの役柄が、メタボで糖尿病なのに好物のプリンやめられない中年おじさんという設定らしい。

私も以前はプリンが大好物で毎日のように食べていましたが、糖尿病になってからは滅多に食べなくなりました。あの旨さは極上なんですが血糖値が急上昇してしまいますからね。

【以下は映画.com 記事より引用】

11月17日に公開する「その夜の侍」で、主演の堺雅人がさえない中年男性を演じる場面写真が公開された。いつものさわやかな笑顔を封印し、ぼさぼさの髪にトランクスからはみ出したメタボな腹部、そして片手にプリンという衝撃の姿を披露している。

堺演じる工場経営者の中村は、妻をひき逃げされ復讐の機会を狙いながらも、自らの行為に葛藤し犯人を追いつめていくという役柄。糖尿病のため、妻から再三の注意があるにもかかわらず、好物のプリンをやめられないという設定だ。

 【 → この記事の続きを読む 】
posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

納豆&ネギで血栓予防&疲労回復!

糖尿病の合併症は血管や血液の病気と言っても過言ではありません。動脈硬化が進みやすいし血流にも問題が生じているケースが多いようです。

納豆にはナットウキナーゼという物質が含まれてていて、血栓(血液の塊)を溶かす働きがある事が知られています。また、納豆に含まれている大豆レシチン、リノール酸には血液を浄化し血行を促進する働きもあり、糖尿病の人には実に効果的な食品と言えます。

スポンサードリンク



納豆と言えばネギ!
納豆にネギを入れるととても美味しいですよね。
ネギがダメという人もいるかもしれませんが。。。
私の娘はネギが一切れ入っているだけでもダメですが。。。

玉ねぎに含まれる硫化アリルには血栓の予防だけでなくインスリンの分泌促進効果や免疫力を高める働きがある事は今までに何度も書いてきましたが、ネギも同様に硫化アリルを含む野菜なんです。

納豆とネギの組み合わせはWの力で血栓を防止しますから糖尿病の人には非常に効果的だと思います。また、納豆に含まれている疲労回復ビタミンと言われるビタミンB1の吸収を高めるのが硫化アリルなんですよね。

昔の人はこういう知識が無かった筈なのに、見事にマッチングさせています。白米の普及と 糠漬け のセットにも驚かされますしね。昔の人達の知恵には驚かされる事が多いですね。

スポンサードリンク




▲ページの先頭へ