2013年02月28日

福島原発港内の魚からセシウム規制値の5100倍

東京電力は28日、福島第一原発の港湾内で2月17日に捕獲したアイナメから、1キロ・グラムあたり51万ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。

 国の規制値(100ベクレル)の5100倍に相当し、原発事故後、魚介類で最も高い値。これまでの最高値は、昨年12月20日に同じ港湾内でとれたムラソイの25万4000ベクレルだった。

 東電は、港湾の外に魚が流出しないよう海中に網を設置したり、湾内の魚を捕獲したりする作業を進めている。

【上記は読売新聞より転載】

アイナメは子供の頃によく釣っていましたが食用としてはメジャーではないと思います。あまり美味しい魚ではありませんしね。磯の岩場から釣っていましたので沿岸に近いところに生息している魚でしょうからセシウムの値も大きくなったのでしょうね。

それにしても5100倍というのは、さすがに驚かされます。

先日の記事でも書きましたが魚に含まれるDHAやEPAには様々な効能があるのですが、一部には重金属などに汚染されている魚もありますからねぇ。子供に食べさせる場合には、どこで獲れた魚なのかという事がどうしても気になってしまいます。

悩ましい問題ではありますね。
posted by グルメ | Comment(0) | ■ 雑感・日々思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糖尿病の初期治療 間食をやめたら完全に直った症例も!

糖尿病の人にとっては間食は極力控えた方が良いのは誰もが知っている事ですが、糖尿病の初期治療で間食をやめる事で糖尿病が改善したり、中には完全に治った人もいるらしい。

また、疫学的にも理論の裏付けになりそうな要素もあるとか。

う〜ん ちょっと目からウロコですねぇ。

スポンサードリンク






【以下はNEWS ポストセブンより転載】

白澤卓二氏は1958年生まれ。順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授。アンチエイジングの第一人者として新刊『ボケない道』(小学館101新書)を上梓し、テレビ出演も多い白澤氏が、糖尿病と間食の関係についての新しい知見を紹介する。

 平成19年の国民健康・栄養調査によると、糖尿病が強く疑われる890万人と糖尿病の可能性を否定できない1320万人を合わせて糖尿病の可能性のある人は、全国で実に2210万人以上と推定されている。

 糖尿病は食べ過ぎや運動不足などの生活習慣を基盤に発症することが知られているが、悪い生活習慣はなかなか改善できないのか、日本での患者数は増加の一途をたどっている。糖尿病の引き金は、欧米型の食事によるカロリーや糖質の摂り過ぎが発症要因と指摘されている。しかし、食事のみならず、間食が糖尿病の発症に重要な引き金になることはあまり知られていない。
 【 → この記事の続きを読む 】
posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

ストレスに関するタイムリーな記事が!

以前、ストレスに関する記事を書きました。ストレスをネガティブに捉えると心身に悪影響を与えるが、ポジティブに捉えると寧ろ大きなエネルギーの源になるという主旨で書きました。

その記事の中でも書いたかもしれませんが、私自身がストレスが多ければ多いほどヤル気が湧いてくる性格なので、少なくとも私にとってはストレス=エネルギーである事は間違いありません。要するにストレスをどう受け止め、どのように行動するかによって敵にも味方にもなるのがストレスという存在だと思っています。

先ほど、こういうニュースを見つけました。

私の考え方とかなり似通った研究結果が発表される予定だという事で、大いに楽しみにしています。

【以下はウォールストリート・ジャーナルより転載】

「ストレスは心の持ちよう次第で体に有益に=米研究 」

 ストレスは、心の持ちようによって心身にとって良くもなり悪くもなるとの実験結果が明らかになった。

 米コロンビア大学やエール大学などの研究機関が投資銀行家と学生を対象に行った結果で、詳細は3月に「ジャーナル・オブ・パーソナリティ・アンド・ソーシャル・サイコロジー」電子版に掲載される見通し。

 【 → この記事の続きを読む 】
posted by グルメ | Comment(0) | ■ 雑感・日々思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする