2013年05月19日




乙武洋匡さんのレストラン入店拒否騒動は現代社会の象徴

もう既に多くの方がご存知の乙武洋匡さんのレストラン入店拒否騒動ですが、皆さんはどうお感じになったでしょうか?

私は今回の騒動は現代社会の象徴的な出来事だと思います。

人間の本質というのは些細な言動の中に隠されているのですが、計算し尽された言動や演出による言動を信じ込んでしまう人が実に多いように感じます。そして一旦「その人と也」を自分の中で確定してしまうと、どんなに疑わしい言動をしてもまるで信者のようにその言動を擁護しようとする。

もうずいぶん前ですが、橋下市長が府知事をしている時に別のブログで、彼を支援する人達は人を見る目が無い人達だと書いた事があります。彼が人気絶頂の頃でしたのでブログが荒れるだろうと思ったのですが何故か荒れるような事態にはなりませんでした。相当な覚悟で書いたものですから意外な反応に驚きました。ヤフーのあるジャンルで検索すると570万サイト中の4〜6位ぐらいに位置していましたから訪問者も多いサイトですしね。

今回の乙武さんのツイートを読んで「あぁ・・・ついにこの方も自身の本質をさらけ出してしまったなぁ。」と感じました。今回の出来事で私が全く驚かなかったのは、「この人の本質はこうだろうなぁ。」と以前から思っていた通りの言動をされましたから。まあね、人間なら誰でも良い部分と悪い部分が同居しているのですが、計算し尽した善人というのは個人的には最も好まないタイプなのです。

彼のツイートには60万人のフォロワーがいると言われていますから、彼がああいうツイートをすればフォロワーの中の信者がレストランを攻撃するのは誰が考えても予測出来る事です。それが分かった上でああいうツイートをした筈ですし、良い人を演じながらのささやきですからその心の闇に身震いしてしまう。

いわゆる確信犯みたいなものですね。

こういう風に書けばこうなるという予測に基づいて書いているのは明白だと思う。冷静に考えれば誰でも分かる事だと思うのですが、それが分からなくなるほど洗脳されている人も少なくない。

私の娘が赤ちゃんの頃、レストランに予約の電話をする際には「赤ちゃんも連れて行きたいのですがご迷惑にならないでしょうか?もし、個室があって他のお客さんにご迷惑にならなければ予約したいのですが。もちろん個室料金は別途お支払いさせていただきますので。」と伝えて予約を入れていました。

赤ちゃんの泣き声でお店に迷惑を掛けるのは不本意ですし、お店の作りによっては受け入れがたいところもあるでしょうから。他のお客さんの迷惑にならないように泣き始めたら妻と交代で店の外に出て泣き止むまであやしたりする事もありました。それが客としての礼節だと思うのです。

客は絶対的であり、なんでもかんでも客の要望を飲めというのは大きな間違いです。お店のあるべき姿があるのと同様に客としてあるべき姿というものもあって然るべきだと思うのです。

ある勉強会のメンバーの中に車椅子の方がおられました。勉強会の後で食事会があるのですが会場の予約の際には「メンバーの中に車椅子の方がいるのですが予約は可能でしょうか?」と確認してから予約していました。別に深く考えなくても簡単に思いつく確認です。差別という事ではなくて、お店によっては予約を受ける事が出来ない諸事情もあるでしょうから、そういう確認をするのは当たり前の事です。お店にはお店の都合があるのですから。

こちらは客だからこちらの要望に合わせろというのは横暴そのものです。

乙武さんが予約したレストランは2階にあってHPにもエレベーターが止まらないと書かれているわけですから階段を利用するしかない。しかも小さなお店でスタッフも2人しかいないのですからディナーの時間でもあるし受け入れ態勢が取れないのは誰でも察しがつくはずです。

それなのに彼は自分を抱き上げて店まで運んで欲しいと言うのですから私的には驚きを禁じ得ません。自己都合の主張ばかりしてお店側の立場など全く考えていない。その上に店名を明記してツイートをしたわけですからツイートによる暴力と言わざるを得ない。

私はね、そういう行動は人として許される事ではないと思うのですよ。仮に彼に正当性があったとしても、ああいう形で店名を明記するという行為は卑怯であり卑劣な行いだと思います。

自分の地位を利用して他を扇動し報復するかの如き言動のどこに正当性があるのでしょう。自身は善人を装いつつ自らの手を汚さずに報復するというのは実に潔くないしカッコ悪い。

こういう風にツイートすれば自分は悪く思われる事無く相手に甚大な被害を与える事が出来るという読みがミエミエなだけに、その「えげつなさ」はマックスだと思う。未必の故意ですわね。

乙武さんはレストランに対して心から謝罪すべきだし、自分の取った行動に対して大いに反省すべきではないでしょうか?私はそう思うのですけどね。




posted by グルメ | Comment(4) | ■ 雑感・日々思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日




病の価値

糖尿病になってショックを受けない人はまずいないと思いますが、世の中には様々な病気があって明日の命さえ知れないような病気もあります。そういう病気に比べれば糖尿病という病気は遥かに楽でもある。だって完治はしないけれど治療法があるし命の期限はとても長い病気なのですから。

病気の無い人生ならどれだけ素晴らしいだろうと思う反面、病気によって得たものの価値も計る事が出来ないほど大きいと思っています。私の場合は先に治療不能の心臓病に罹って、医者からは「今夜、死んでも驚かない。遺伝子レベルの病気ですしね。」と言われて、もう20年近くなる。正直、まだ生きているのが不思議な思いです。

こういう人生は不幸なのか?

私はそうは思いません。別に強がりを言っているわけではない。

「自分に残された命の時間が短いのなら有意義に使いたい。」そういう風に考えて生き続けてきたからです。「生き様」と「死に様」という事と向き合う事が出来た事は私にとってはとても価値のある事だと思えるのです。普通の人の何倍も濃い人生を送るキッカケになったと思います。

人それぞれに人生観は異なりますが、私は生きた時間の長さよりも人生の質が大切だと考えています。私にとっては「座して死を待つ」とか「死を恐れて生きる」という事は既に死んでいる事と同等で、死の淵にあっても最期の瞬間までチャレンジ精神を持ち続ける事こそが幸せなのです。

病気になって、その事を悔いたり不遇を嘆いたりする人生って実につまんないと思うのですよ。普通の人よりも命の期限が短いのなら、その短い時間の中で納得のいく人生を送るというか、人生を凝縮させるというか、その方が遥かに意義深いし満足出来る。

普通の人よりも生きている実感や満足感を得られるのは間違いありません。そのように考えると病気も悪いものではない。心臓病で残りの時間が少ないという告知を受けて、ビクビクしながら生きていたり不運を嘆いていたら逆に20年も生きている事は不可能だったろうなと思います。1年さえも持たなかったかもしれません。

まあ、心臓病の宣告を受けてから事業の集大成を急ぎ過ぎた事が破綻に繋がった一番の要因かもしれないけど、破綻して臥薪嘗胆の日々を送っている今という時も非常に意義深いものだと思っています。辛くないと言えばウソになりますが、こういう日々を送る事も体験としては悪くない。人生の凝縮の中の一コマでもあるし、もし、復活出来れば喜びも倍増する事になるだろうし、失敗したとしても新たなチャレンジのネタが見つかるキッカケになるかもしれない。いずれにしても面白い人生という事になる。波乱万丈が私の性格には合っていますからね。

人生は長かろうと短かろうと心持ち次第で幸にも不幸にもなるのではないでしょうかね。不遇の時や幸運に恵まれた時が織り成すからこそ人生は面白いと思うのですよね。糖尿病になったから人生がつまらないものになるワケでもありません。別の見方をすれば今までとは異なった楽しみに巡り会える事になります。

病を得る事で得る価値は、その人の心持ち次第で大きく異なると思うのですよね。




posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病と向き合う心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日




夢のような話が舞い込んできた

人生というのは本当に分からないものです。事業に失敗して4年半、そして3年半の間、施設警備員をしながら娘に仕送りをして月に10万円程度で苦しい生活をしてきました。

日曜日に、ある方から電話を戴き、驚くような大金の出資話を戴きました。「もう一度、以前の仕事をしてみないか?このままではもったいないじゃないか。かつてはあれほどの成功を収めたのだから、もう一度チャレンジしてみなさい。出資したお金がゼロになっても良いから。」

事業に失敗してから4年半も経過していますから、そんな大金を私に託してくれる出資者が現れるとは想像さえしていなかった。出資してくださった方のご恩に報いる為にも絶対に成功するしかないと思っています。

いつの日か、もう一度その業界で自分の力を試したいという夢を抱いていましたので、出資者の方にはお礼の言いようがない。

やっと夢のステージに立つ事が出来る。これは私にとっては最後のチャンスなので絶対にモノにしたい。この4年半の間、「私は本当にあの業界での能力があったのだろうか?大成功しながら最終的に失敗してしまったのは何故だろうか?」と自問自答を繰り返し、それなりの答えは見つけたつもり。

この4年半の苦難の日々で学んだ事を最大限に生かしたいと思っています。

そういうワケで、このブログは続けますが更新頻度は著しく落ちるかもしれません。様々な知識を忘れてしまったしビジネス感覚も失った部分が多いので、もう一度基礎から勉強しなければなりません。

やっとやりたい仕事を始めるチャンスを戴きました。命を賭けてやり遂げたいと思っています。




posted by グルメ | Comment(6) | ■ 雑感・日々思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日




今夜のお酒のおつまみは、あさりの酒蒸しと焼きエノキタケ

今日は仕事が休みですのでワインを少し飲み過ぎちゃおうかなって思っています。飲み過ぎると言っても3杯程度の予定ですし、3杯も飲めるかどうかは分かりません。(笑

だっていつもは1杯しか飲んでいないし、たまに2杯飲む程度ですからねぇ。でも、2杯では物足りないといつも思うのですよね。3杯なら満足だなと。

糖尿病の人が飲むお酒としては赤ワインが一番良いのではないでしょうか。お酒の中では唯一「糖尿病に効果が見込める酒」と言われていますし「フレンチパラドックス」という言葉があるように心臓に良いと言われる飲み物ですから。

ただ、糖尿病の人が飲むワインは甘口ではない赤でなければなりません。赤ワインで甘口というタイプは非常に少なくてほとんどが辛口という事になりますが、白ワインの場合は辛口もありますが基本は甘口に分類されるものが大半で、糖尿病や心臓病に効果があると言われるポリフェノールは赤ワインに比べてごく僅かしか含まれていません。

今、書きかけのワインに関する記事があるのですが、ワインの記事はまとめるのが非常に難しいですから、いつ書き上げる事が出来るか分かりません。まあ、そんなに凝った記事ではありませんが短めにまとめるのが難しいのです。本格的に書き出したら簡単には終れなくなってワインのブログみたいになっちゃいますしね。

そういうワケで今晩はワインを飲む予定なのですが、実は金曜日でワインを飲み干していて近くのイオンまで買いに行かなければなりません。徒歩5分程度ですが買い物に行くのが億劫でもあります。

でも、飲みたいしなぁ。。。

今日は部屋の掃除をしたりガスレンジと換気扇の掃除などをしましたので、ちょっとバテバテという感じだし、休日でヒゲも剃っていませんからねぇ。無精ヒゲを生やしたまま出かけて知り合いに会ったら恥ずかしいし。

因みに、おつまみは昨日買ってきたアサリの酒蒸しとエノキタケです。アサリは既に砂抜きが終っていますからあとはレンジでチンするだけだし、エノキはフライパンで焼くだけですから10分も掛かりません。

頑張ってイオンまで赤ワインを買いに行こう!

因みにワインの甘口と辛口はどうやって決まるのか?
簡略に言えば、酵母による発酵を早い段階で止めれば甘口、長くやるほど辛口になるのです。発酵が進むほど糖分が減りますから、残糖(発酵後に残った糖分)がどれぐらいあるのかで甘口・辛口が決まる事になります。

アサリだと白ワインの方がマッチするのですが糖尿病ですからねぇ。まあ、元々が赤ワイン派なので白を飲む事は非常に稀だったのですけどね。肉は赤、魚介類は白だとよく言われますが必ずしもそうではありません。例えばチキンのこってりしていない料理だと白の方が美味しかったりするし、淡白な味に仕上げた白身などは赤でも美味しく召し上がれます。以前、ものは試しとばかりに、ししゃもで赤を飲んだ時は「オエッ!」と吐きそうになりましたけどね。

要するに美味しいと感じれば、赤ワインであろうと白ワインであろうと良いわけです。一口に赤(白)ワインでもライトボディ、ミディアムボディ、フルボディがありますから料理の相性も使い分ける事が出来ますからね。




posted by グルメ | Comment(0) | ■ 雑感・日々思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



生きる支え 「ランドセル俳人の五七五」

人間って困難に直面すると「自分が世界で一番不幸せな存在」と思いがちで、中にはそれを悲観して自殺する人さえいます。糖尿病の人はうつ病に罹りやすいという記事を書いた事があります。一説には糖尿病の人の20%強にうつ病が疑われるとか。

糖尿病は様々なストレスに苛まれる病気でもありますから、その数字が大げさなものでもなく、また、心の弱さに起因しているとも思いません。だって現代の医学では治らない病気ですし、毎日、毎食、我慢を強いられたり周囲の無知によって心を傷付けられる病気なのですから。

先日は麻生副総理がずいぶんとヒドイ発言をしていました。糖尿病の何たるかを知らないが故の発言でしょうが「食いたいだけ食って、飲みたいだけ飲んだ奴ら。」すなわち「自業自得で病気になった奴ら。」と思っておられる。彼だけでなく糖尿病の何たるかを知らない多くの人達の本音を代弁したに過ぎないようにも思います。

そういう現状の中で、イジメを受けて小学校を休学しているある1人の少年の記事が目に留まりました。身体が弱い事もあって小学1年からイジメを受け続け休学を強いられた少年ですが、彼が創る俳句は実に才能豊かというか感性豊かというか、本当に素晴らしい。

彼にとっては、俳句が大きな支えになっているらしい。

      

【送料無料】ランドセル俳人の五・七・五 [ 小林凛 ]

心の支え。

糖尿病の人に限らず、人が生きて行く上で心の支えがあるか否かは人生に大きな差異を生じさせる。心の支えと言うと、「誰かが手を差し伸べる。」「誰かが支えてくれる。」という印象を持つ人が多いと思いますが、それは全く逆だと私は思っています。

自分の拠り所を自分で見つける事。
誰かの為に頑張ろうとする事。

そういう事が「心の支え」なのではないだろうかと思うのです。




posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病と向き合う心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする