2013年07月14日




娘との映画デイト

土曜日に娘が泊まりにきて一緒に夕食をし、そして今日は映画を観に行きました。映画のタイトルは「モンスター・ユニバーシティ」

当初は「100回泣くこと」を観る予定でしたが「パパが泣きそうだから・・・」という事で急遽変更した次第です。感動系の映画を観ると我慢できずに泣いてしまうんです。それも大声出して泣いてしまうので周囲の人達が驚いてしまう。大の大人、しかも男が映画館で声を上げて泣くのですからやはり異様な光景というか。。。

娘が幼い頃に「マッチ売りの少女」の絵本を読み聞かせていて、読んでいる私が号泣し、娘が心配して私に「パパ、どうしたの?大丈夫?」という事もあったり。若い頃から硬派・武闘派で通っている私ですが、この手の話には実に弱いんですよね。

まあ、そういう事情もあって「モンスター・ユニバーシティ」を観る事になったわけですが、ディズニー映画だし子供向けの映画だろうからと全く期待していませんでした。

が、しかし。

まず、映像の美しさに感動!
そのこだわりがスゴイというか、細部に亘るまで映像美を追求しているのにはビックリ。「なんて美しいんだ!」と感激しました。

それとね、ラスト近くでかなり意表を突くストーリー展開になったのが圧巻でした。「やはり子供向けの映画だな。めでたし、めでたしの、ちょっと子供だましみたいな・・・」と思っていたら、そこから怒涛の展開が待ち受けていました。

多くの映画はラストの追い込みがつまんないのですが、この映画はラスト近くからが実にイイ!!

努力する事の意義、でも、それだけでは超えられないものもある。そして自分に向いているポジションがあるという事。そういう人生訓をさりげなく演出する辺りはちょっと憎いなって感じ。

映画を観終えて思わず娘とハイタッチしました。
イイ映画だった。

大人が観ても楽しめるというか、ちょっぴり考えさせられる部分もあって、親子で観るには最高の部類に入る映画でした。

来週辺りは「100回泣くこと」にチャレンジしたいと思っています。大声で泣きそうになったら外に出るという約束をしつつ。。。




posted by グルメ | Comment(0) | ■ 雑感・日々思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする