2015年02月22日

『1日数杯のコーヒーで医者いらず』と米政府諮問委が提言

コーヒーと健康の関係については様々な研究結果が報告されていて、ある研究では健康に良い、別の研究では健康に悪いと両極端な結果が報告されています。

いったいどちらが正しいのか?

この度、米国人の食事指針の変更を提言する米政府の諮問委員会が、コーヒーは心臓病や2型糖尿病のリスクを低減すると指摘しました。

【以下はブルームバーグ記事より転載】

1日数杯のコーヒーで医者はいらないかもしれない。米国人の食事指針の変更を提言する米政府の諮問委員会がこうした見解をまとめた。
.諮問委は19日の報告書で、1日3−5杯のコーヒーを飲むことは長期的な健康リスクと関連がなく、相関関係が見受けられるのは心臓病や2型糖尿病のリスク低減だと指摘した。
.諮問委メンバーでコーネル大学の栄養学者トム・ブレンナ氏は電話取材に対し「コーヒーは良いものだ。コーヒーががんに有効であるとの示唆があるとも言えず、そう考える人もいないが、リスクを高める証拠もない。あるとすれば逆の効果だ」と述べた。
.この諮問委は専門家で構成される超党派の委員会で、米食品医薬品局(FDA)や農務省など米政府機関に提言する。助言を受けて作成される政府指針は連邦政府の食料プログラムや学校給食など自治体の政策に影響する。これまでの指針ではカフェインが健康に与える影響についての言及していない。

2015年02月20日

世界の糖尿病人口、2035年には6億人との試算!

世界的に増え続ける糖尿病人口ですが、現在の3億8,670万人が2035年には5億9,190万に増加するという試算が出ています。

糖尿病人口の多い国順のランクは、1位が中国、2位がインド、3位がアメリカ、そして日本は10位になっています。

スポンサードリンク



糖尿病は発症すると現在の医学では完治が不可能な病気ですから、まだ発症していていない方は予防に努める事を強くお勧めします。

まず大切なのは糖尿病に関する基礎知識です。

私は糖尿病に関する知識が全くありませんでした。今考えると糖尿病にならない方が不思議な食生活や生活スタイルをしていましたからねぇ。もし、知識があったなら発症していなかった可能性が非常に高い。

繰り返しますが、今現在、糖尿病ではない人も糖尿病の知識を身につけてください。それが糖尿病予防の第一歩なのですから。

スポンサードリンク





posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ