2015年05月06日

日本は何位? 世界お米消費量ランキング。

年々、パン食が増えてお米の消費量が減少していますので上位の食い込みは難しいかな?でも、ベスト10位に入るかどうか程度の位置ではないかと思っていましたが、結果を見てビックリ!

なんと50位でした!!

1位はバングラディシュ。

日本での1人当たりの1日のお米の消費量は平均119gで、1位のバングラデシュの平均473gと比べると1/3程度ですから驚きですね。

1位のバングラデシュではジョブジ(野菜カレー)とパット(お米)が食べられているそうです。

因みに2位ラオス、3位カンボジア、4位ベトナム、5位インドネシアと上位はアジア勢が占めています。タイの8位というのもちょっと意外かなぁ。

posted by グルメ | Comment(0) | ■ 雑感・日々思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インゲンマメに糖尿病の合併症を減少させる可能性あり?!

低脂肪食材として知られているインゲン豆ですが一方で糖質が多い食材でもあります。糖質という言葉にアレルギー反応を示す方が少なくありませんが、糖尿病を発症させたネズミによる実験ではインゲンマメを食べたネズミに血糖値の低下減少と腎臓機能の活発化が見られたとの事。

動物実験ですからその信憑性は不明ですが、動物実験ではそのような結果が出たようですから、あくまでもそういう可能性があるというスタンスでご紹介します。

スポンサードリンク






【以下はMedエッジ記事より転載】

インゲンマメを食べることで糖尿病の合併症を減らせる可能性があると分かった。

動物実験で影響を見た

 メキシコ、ケレタロ自治大学のコンスエロ・ロマス・ソリア氏らの研究グループが、ニュートリショナル・バイオケミストリー誌において2015年3月26日に報告している。

 研究グループは糖尿病を起こしたネズミを用いて、調理したインゲンマメを食べさせると腎臓の遺伝子にどう影響するかを検証した。

遺伝子に関連する腎臓の変化

 調理したインゲンマメを10%加えた食事を4週間食べさせた後、インゲンマメを与えられたネズミでは、血糖値が最も低く、血糖値を下げるインスリンも低くなった。さらに、尿の中のタンパク質であるアルブミンが下がり、腎臓のろ過の効率を示すクレアチニン・クリアランスが上がった。

 腎臓の遺伝子の活発さを見ると、インゲンマメを食べると複数の遺伝子が活発になると分かった。

 ポリフェノール、糖の一種であるサポニンだけではなく、複数の成分が関係していると研究グループは説明している。

 動物実験ではあるものの、人間でも良い影響はあるかもしれない。