2015年05月06日

日本は何位? 世界お米消費量ランキング。

年々、パン食が増えてお米の消費量が減少していますので上位の食い込みは難しいかな?でも、ベスト10位に入るかどうか程度の位置ではないかと思っていましたが、結果を見てビックリ!

なんと50位でした!!

1位はバングラディシュ。

日本での1人当たりの1日のお米の消費量は平均119gで、1位のバングラデシュの平均473gと比べると1/3程度ですから驚きですね。

1位のバングラデシュではジョブジ(野菜カレー)とパット(お米)が食べられているそうです。

因みに2位ラオス、3位カンボジア、4位ベトナム、5位インドネシアと上位はアジア勢が占めています。タイの8位というのもちょっと意外かなぁ。

posted by グルメ | Comment(0) | ■ 日々思う事・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糖尿病の人はインプラント治療は出来ないのか?

糖尿病の人は歯周病に罹りやすいと言われており、同時に歯周病が糖尿病に悪影響を与えるとも言われています。まさに負の連鎖という感じですね。

まあ、そういうわけで、糖尿病になると歯のトラブルが起こりがちで歯周病などが悪化して一部の歯を失ってしまった人も少なからずいらっしゃると思います。

「入れ歯では固い物が食べにくいし臭いも気になるから、出来る事ならインプラント治療をしたいけど、糖尿病の私でもインプラント治療は出来るのだろうか?」

結論を先に言うと、条件次第ですが可能だという事です。

スポンサードリンク





血糖値が安定している事。そうなんです。血糖コントロールがうまく行っていない限り難しい。そしてインプラント治療後も血糖コントロールがうまく行かなければインプラント周囲炎(インプラントを支える顎の骨が炎症を起こす)のリスクが高くなってしまいます。

また、インプラント治療は治療というよりも手術と考えるべきで、手術の際にどうしても血糖値を上下させてしまいます。

ですから、事前に必ず主治医にして決める事が重要です。

とにかく、まず、血糖値を安定させる事。
それが大前提になるという事です。

スポンサードリンク




インプラント治療に関する記事がZUU onlineさんから配信されていましたのでご紹介します。ただ、糖尿病の人の治療に関して「抗生物質を内服するなどして、対策をしておく必要があります。」との記述がありますが、抗生物質は低血糖を招く可能性もありますので事前に主治医に相談をするべきだと思います。

     インプラント治療の3つの誤解


posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病の合併症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ