2016年12月25日

それぞれのクリスマス

今日はクリスマス。いろんな思いで、いろんな場所でクリスマスを過ごしている人がいる。

私が糖尿病で入院していたのは遥か昔の事ですが、確かクリスマスの日に入院していたと記憶しています。入院中に病院食で糖尿病患者用のケーキが出てきた記憶があるからです。

見た目はケーキだけど、味も食感もケーキとは程遠かった。
ケーキもどきだったけど、まだ、食べられるだけマシとは言える。

クリスマスどころではない人もたくさんいらっしゃるのだから。

大変な病気で入院されている人達、また、事故等で入院されている人達、不幸の極みで苦しんでいる人達、そしてそのご家族の人達の事を思うと複雑な気持ちになります。

それぞれのクリスマス、全ての人の心に幸せが降り注ぎますよう、お祈りしたいと思います。
posted by グルメ | Comment(0) | ■ 日々思う事・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

「ビールで血糖値は上がらない!」は本当か?

ビールは炭水化物を含んでいるので糖尿病の人がビールを飲むのは避けた方が良いというのが定説で、アルコールを飲むなら焼酎やウイスキー、ワインを適量にとされていますが、ちょっと意外な噂があります。

「ビールで血糖値は上がらない!」

えっ? 本当なの?

スポンサードリンク





だってビールには100グラム当たり3〜4グラムぐらいの炭水化物が含まれている幡豆ですけど・・・

まあ、私も退院する時に主治医から「頑張りましたね。今後も血糖値が安定した状態が続いたら、ご褒美として週に一度ぐらいは350mlのビール1缶ぐらいは飲んでもいいですよ。」と言われた事がある。

ビール好きな私としては、この記事は見逃せない!

もし、本当に上がらないとすれば実にありがたい事だが・・・
ちょっとドキドキしながら記事を読む事にした。

スポンサードリンク




この噂話を検証したのは、医療ジャーナリストの市川衛さん。とても面白い内容でしたので皆さんにご紹介したいと思います。ただ、微妙な終わり方ですので過度の期待はしないでください。

日本糖尿病学会研修指導医の山田悟さん(北里研究所病院糖尿病センター長)へのインタビューもあります。ちょっと長い記事ですので、せっかちな人は記事の最後の方に同氏のインタビュー内容が書かれていますので前段は飛び抜かせて、そちらから先に読むとよろしいかと。w

「ビールで血糖値は上がらない?ウワサの真相を調べてみた。」(医療ジャーナリストの市川衛さんの記事)

▲ページの先頭へ