2017年12月30日

糖尿病の人はノロウィルスにご注意を!

今月の下旬あたりからノロウィルスの集団感染が続発しています。既にご存知の方が多いとは思いますが、糖尿病の人はウィルスに感染しやすく、感染すると重症化しやすいですから特に注意が必要です。
スポンサードリンク







感染経路は、カキなどの二枚貝の生食や加熱不足(あくまでも可能性¥あるという事。)、そして人から人への感染です。今月20日頃に2件の集団感染が発生しています。

「持ち帰り寿司店」と「温泉施設」という事で、いずれも料理を提供した店舗の従業員を介して感染したものと考えられています。こういう外食による感染は避けようがありませんから厄介です。

ノロウィルスの感染は1年を通じて起こるのですが、特に冬期に集中しますので注意が必要です。関せrンしたら病院に行き、受診の際には糖尿病である事を告げてください。

潜伏期間は1〜3日で嘔吐や下痢そして腹痛・発熱などの症状が出ます。個人差がありますが多くの場合で激しい症状が出るようです。

糖尿病の人が感染すると間違いなく血糖値が上昇しますのでね。それと嘔吐や下痢によって脱水症状を引き起こす可能性が高いので水分補給を行う事が大切です。

予防策として最も有効な対策は手洗いです。家族内での二次感染も少なくありませんので下痢や吐物の処理のの際は注意がが必要です。また、同じタオルを使わない事も重要です。

汚れた下着や嘔吐した床などは次亜塩素酸ナトリウムで消毒するのがベストで、当然の事ですが絶対に素手で触ってはいけません。

これらの処理の際は、汚物の処理セットなどを使うと効果的です。

くれぐれもご注意くださいね。
posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病の合併症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8才で1型糖尿病発症の高校生、10月の国体で優勝

8才で1型糖尿病を発症した大分の高校3年生が自転車少年男子ケイリンで優勝した。

中3の時、同級生から「一緒に自転車をやらないか」と誘われ、別府翔青高自転車競技部に入部。

入部後はインスリン投与量の調整に苦労しながらも「病気を言い訳にしたくない。うまく付き合えばできないことなんてない。」苦しみながらも練習に励み、見事、国体で優勝した。

休日は朝から夕方まで8時間みっちり鍛錬を積んだらしい。

彼を支えたものは、同じ1型糖尿病を発症している高校生以下の患者を対象としたキャンプに参加していた仲間や先輩たちだったという。

こういう同じ病気を持つ人達との触れ合いを通じて勇気が与えられたり、同じ病気を抱えながらも夢を追っている人達の姿を見ると「よし! 私も!」という励みになるのではないでしょうか。

彼の事が西日本新聞む紹介されています。よろしければご覧ください。下をクリックしていただけると彼の記事にジャンプします。


西日本新聞の該当記事を読む
posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病と向き合う心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。