2018年01月31日

インスリンの正常な働きを助けるたんぱく質を発見

先日、オクタン酸というにおい物質がインスリン分泌が促進し、血糖値が改善する事を発見したというニュースをお伝えしましたが、新たに、インスリンの働きを高めるメカニズムが立て続けに発見されています。これらの発見により新たな糖尿病治療薬の開発が期待されます。

神戸薬科大は29日、哺乳類の脂肪細胞内にあるタンパク質「Fam13a」が、血糖値を下げるインスリンの正常な作用を助ける働きがあることを解明したと発表した。
 
Fam13aが減少すると、インスリンの作用が弱まり、メタボリック症候群や糖尿病を発症しやすくなるという。
研究成果は30日(米国時間29日)以降、米国科学アカデミー紀要の電子版で公開される。肥満の人でもメタボリック症候群にならないケースがあるが、これまで詳細な発症メカニズムは分かっていなかった。
 
同大の臨床薬学研究室では、肥満状態のマウスの脂肪細胞内にあるFam13aが、通常のマウスより著しく少ないことに着目。詳しく調べた結果、Fam13aが、インスリンの正常な作用に必要な別のタンパク質「IRS1」の分解を防ぐ役割を果たしていることが判明した。

また、通常のマウスからFam13aを取り除くと、インスリンの働きが弱まり血糖値の下がり方が鈍化。このマウスに高脂肪食を与えると、重度の高血糖状態になった。一方、Fam13aを増やしたマウスは、肥満状態でもインスリンが強く働き、メタボリック症候群などになりにくかった。

同研究室の池田宏二准教授は「人間でもマウスと同じ作用があると推察される。メタボリック症候群や糖尿病の新たな治療法の確立にもつながるのではないか」と話している。産経新聞記事より転載)


こういった糖尿病に関する様々な基礎研究の進展は、単に新薬の開発だけではなく、そう遠くない先に糖尿病発症の真の原因や抜本的な治療法の確立に繋がるのではないかという期待を抱かせますね。

あくまでも基礎研究段階の話ですから創薬までにはかなりの時間が掛かりますが、1つの発見が次の新たな発見に繋がる可能性もあります。そういう相乗効果を大いに期待したいものです。

研究者の皆さんには、ただ、ただ、感謝です。
スポンサードリンク






posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

糖尿病という病名は知っていても・・・

糖尿病患者以外は、糖尿病という病名は知っていても、「この病気がどういうものであるのか?」という事について基礎的な知識をご存じない方が少なくないのかもしれないと思う出来事がありました。
スポンサードリンク



先日、義兄に会った時の事。とても寒い日で義兄が寒いだろうからと自販機からホットドリンクを買ってきてくれました。戴いたのは「午後の紅茶ロイヤルミルクティ」。

昔は大好物だったけど糖尿病になって以来飲んでいない。さて、どうしたものか。気を遣って差し入れしてくれたのだからその思いを無にしてしまうのは申し訳ないし、でも、血糖値が急上昇するのは目に見えているし・・・。

そんな思いから躊躇していっると。

「暖かいうちに飲んだら?」と、にっこり微笑む義兄。

意を決してぼんの一口だけ飲んでキャップを閉めた。昔はあんなに美味しく感じたのに、そのあまりの甘さに気持ちが悪くなった。

「遠慮しなくていいから。暖かいうちに飲んだらいい。」
「はい、ありがとうございます。」

もちろん、私が糖尿病である事はご存じなのですが、こういう飲み物は糖尿病患者にとって不向きである事をご存じないようです。

以前、母が甘い「かりんとう」を大量に差し入れてくれた話を書きましたが、このように身内でさえ糖尿病の基本の㋖を知らない実情に驚かされました。

これが現実なのかもしれない。実際、私自身も糖尿病を発症するまでは糖尿病に関する知識は全く無かったわけですしね。

糖尿病で入院する前日、異常な喉の渇きを覚えて午後の紅茶ロイヤルミルクティをがぶ飲みしたくらいですから。

糖尿病患者の中には普通の内科医よりも糖尿病に関しては詳しい人もおられますが、糖尿病と縁の無い方々はこういう実情かもしれません。当然といえば当然なのかもしれませんけどね。
posted by グルメ | Comment(0) | ■ 日々思う事・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ