2018年01月01日

人生観・死生観は人それぞれ 

前記事で青森県人の衝撃的な?食生活の記事をご紹介しました。平均寿命の長さ1位は男性が滋賀県の81.78歳、女性は長野県の87.67歳だったのに対し、青森県は78.67歳と85.93歳。ともに全国で最下位であるばかりか、男性は9回、女性は4回連続です。

このデータを見て、皆さんはどう思われるだろうか?

「さも、ありなん。」でしょうか?

平均寿命が最も長い県と比較して青森県は男性で3.11才、女性で1.74才短い事になります。

この差を大きいと見るのか? それとも「1位と最下位という割には小さい。」と見るのか?

データというものはイメージで見られやすいので1位と最下位という文言からは大きな差があると見られがちです。でも、実質的な差異を見ると、ちょっと意外感があったりする。

健康という視点からは青森県人の食事内容は、やはり驚きを禁じ得ない。しかし、健康を度外視した食事を続けてもこのレベルの差異しかないのかと捉える事も出来る。

「健康の為なら死んでもイイ。」と言わんばかりに厳格な食生活を実践している人もいれば、「好きな物、食べたい物を食べて寿命が多少短くなってもイイ。」という人もいる。青森の人が後者の考え方だと論じているわけではありませんので誤解無きようお願いします。

ただ、実際に後者の考え方を述べる方が私の周囲にもいらっしゃる、
スポンサードリンク



こういう事を言うと批判を浴びるかもしれませんが、現在、持病を抱えていない人限定で申し上げると、健康に対してストイックな生き方をする事と自由奔放な生き方をする事の、どちらが幸せなのだろうと思ってしまう。

平均寿命のトップと最下位の差が80代で2〜3才というデータを見ると、寿命の長短を決める最も大きな要因は「遺伝子レベルの差」と「運」ではないかとさえ思えてくる。、

もちろん、誰だって健康で長生きしたいと思う。
でも、人生観や死生観は人それぞれだ。

厳格な食生活や生活習慣を実践する事に対して特にストレスを感じないのなら、それは最高に幸せな事だと思うし、逆に、その対極にある人も最高に幸せなのではないかと思う。人によっては厳格さへの耐性が弱く、ストレスで病気になってしまうかもしれないからだ。

「無茶苦茶な事を言う奴だ。」と誹りを受けるかもしれない。

でも、現代社会は「こうあらねばならない。」という強迫観念のようなものに囚われ過ぎているのではないかという気がする。

個人的見解ですが、「物理的に長く生きる事 = 幸せな人生」とは思わない。「短命でも充実した人生・中身の濃い人生 = 幸せな人生」だと思う。

人それぞれに価値観が異なっても良いではないだろうか。


posted by グルメ | Comment(0) | ■ 日々思う事・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平均寿命9年連続最短の「青森県」食の嗜好に驚きはあるが

平均寿命9年連続最短の「青森県」ですが、デイリー新聞さんの現地取材ルポを読んで、当地の食の嗜好に驚かされました。

カップ麺が好物という方が非常に多いようで、中には1日に2個は食べるという方もいらっしゃるようです。、また、お酒が大好き、野菜はほとんど食べない、缶コーヒーが大好きという方も多いようです。

そして、運動量も少ないようです。スーパーのカップ麺の売り場は類を見ないほど広いらしい。「インスタントラーメン」「缶コーヒー」ともに消費量全国1位なのです。
スポンサードリンク







因みに病名に関するデータを見ると、糖尿病が全国1位、がんが2位、腎不全が3位、肝疾患が4位、肺炎が5位、脳血管疾患が9位です。

記事内容に興味のある方は下記サイトをご覧ください。

青森県はなぜ早死にするのか 平均寿命最短でV9、衝撃的すぎる食生活(上)(デイリー新潮)

青森県はなぜ早死にするのか 平均寿命最短でV9、衝撃的すぎる食生活(下)(デイリー新潮)

この記事を読む限りでは「平均寿命9年連続最短というのも納得させられる。」と思うのは私だけではないだろうと思います。

データに基づいた報道というものは大きなインパクトがあり、特にそのタイトルは読み手の心象に大き¥な影響を及ぼします。

「青森県」は平均寿命9年連続最短という事実は様々な報道機関からニュース配信されていますからご存知の方が多いと思います。たぶん、ほとんどの方が「生活習慣を変えるべきだ。」と思われたのではないでしょうか。

しかし、見方を変えれば「さて、それはどうなんだろう?」という考え方も成り立つ。

その事については、次の記事で書かせていただきます。
posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病と向き合う心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インスリン注射が不要になる!? 皮膚に貼るだけでインスリンを放出をする新素材開発に成功!!

実に嬉しいニュースが発表されましたね。インスリン治療をしている人には大きな朗報です。私もインスリン注射をしていた時期がありますが、肉体的にも精神的にも負担が大きいです。

この度、新しい素材の開発に成功し、皮膚に貼るだけで血糖値が上昇した時にインスリンを放出する新素材が開発されたそうです。

この技術が確立されれば、インスリン注射が不要になりますね。
スポンサードリンク



認名古屋大学と東京医科歯科大の研究チームが、血糖値に応じて自動的にインスリンを出せる新素材を開発。実用化すれば、患者の皮膚に貼るだけで糖尿病治療ができるようになり、5年後にヒトでの臨床研究を目指すとの事。

インスリン治療をしている糖尿病患者の為にも、臨床試験の成功を祈りたいですね。
posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。