2009年05月09日

糖尿病入院日記 第12話

体重測定、そしてインスリン注射という朝の日課にも次第に慣れて来て当初、とても抵抗があった自分で注射するという行為も苦痛には感じなくなってきた。人間、慣れるのは早いものです。

やっと点滴から開放された事がとにかく嬉しくて一気に行動範囲も広がった。血糖値もかなり下がって来たので体調も良いし、とにかく何不自由なく病院内を移動出来るのが最高です。

私は読書が好きなので入院生活自体はさほど苦痛にはならないけど、娘に会えないのは辛かった。院内感染の心配もあるので病院には連れて来ない様にしていたので電話で話をするくらいしか出来ない。話をすると言っても未だ言葉はしゃべれないので会話にはならないけども、その息遣いや奇声を聞くだけで幸せです。

入院した事は社内の人間しか知らせていないし、親には検査入院としか知らせていない。社内の人間には私の見舞いに来るよりも仕事に精を出して欲しいと言っていたので誰も見舞いに来る事は無い。

ベッドに腰を降ろして読書をしていたら「社長っ」という声が聞こえたので声の主に目をやると証券会社の支店長と課長が大きな花束を抱えて入り口に立っていた。

入院して最初の訪問者だった。

気心の知れた人達なので部屋の外で会話が弾んだ。何故、入院の事を教えてくれなかったのかと言われたけど病名を聞く様な野暮な人達ではないので助かった。聞きたい思いはヤマヤマだっただろうけど。

彼らが帰り病室に戻ると、向かい側の患者さんが話し掛けてきた。

「あなたは社長さんなの?」
「はい。小さい会社ですよ。」
「二代目?」
「いいえ 自分で創業しました」
「へえー」

その時、彼の見舞い客が来た。以前に来た若くて美人の女性だった。相変わらず美しい人だ。しかも知的な雰囲気に包まれた人で、一際、目立つ存在。

彼は彼女が来ても私との会話をやめようとはぜずに、逆に、彼女に私の事を紹介し始めた。

彼女の美しい大きな瞳が私を見詰めた瞬間、吸い込まれそうな気分になった。(なんて魅力的な人なんだろう)

私は性格的に浮気など絶対出来ないタイプだし、そういう行為は卑劣だとさえ思っているけど、こういう女性だったら少しだけ気持ちがぐらつくかもしれない。

彼が相変わらず私に話しかけてくるので、「ちょっと電話をしなければならないので」と言って病室を出た。

1回まで降りて売店で飲み物を買い、喫煙ルームでタバコを吸った。担当医や看護婦さんからはタバコは吸ってはいけないと言われていたけど、これだけは止める事が出来ない。

部屋に直ぐ戻ると臭いでばれてしまうので少し時間を置いて病室に戻った。すると例の男性が「看護婦さんが探してましたよ。会社に電話をしに行ったと言っておきましたから」とウインクした。

どうも、私がタバコをポケットに入れるのを見ていたらしい。

彼が言い終わるかどうかという時にすぐに看護婦さんがやって来た。


posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病入院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。