2012年12月05日

肥満は糖尿病の大きな原因の1つ!外見がスリムでも実は肥満!?

金沢大学が肥満がインスリンの働きを妨げる(インスリン抵抗性)仕組みを解明したとの事。かなり専門的な話なので記事を読んでも分かりにくいのですが、要するに、肥満が糖尿病の原因である事がまた1つ証明されたという事になります。

肥満と糖尿病の因果関係は既に世界的に認知されている事で、ニューヨークでは大型のペットボトルの販売を規制するという驚くような施策を執らざるを得ないほど、肥満に対する警戒心を高めています。

スポンサードリンク



中国も遂に糖尿病罹患者の数が世界一になりましたが、近年は若年層に至るまで肥満者が急増し、同時に糖尿病患者も急増しており、肥満と糖尿病の因果関係は疑う余地がない状況です。

肥満といっても単に見た目が太っているという事だけではなく、脂肪肝など内臓に脂肪が蓄積するタイプも肥満と同様にインスリン抵抗性を高めてしまいます。

私の糖尿病人生も「脂肪肝」がスタート。
見た目はスリム。
でも、内臓脂肪が溜まっていたのです。

外見的に太っていないからといって安心は出来ないのです。

極度な糖質制限食を除いた食事療法と運動療法でメタボリック症候群を解消したり防いだりする事で糖尿病のコントロールは可能です。糖尿病にとっては肥満は最大の敵だという事を再認識すべきだと思います。

スポンサードリンク






posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。