2013年01月11日

注射しなくてもいい 『 インスリン治療 』 が可能に?!

米豪の合同研究チームが、インスリンが細胞の表面に結合し、血液からグルコースをエネルギーとして取り込む仕組みを分子レベルで詳細に提示することに初めて成功したとの事。

今まではインスリンとインスリン受容体が結合して細胞に取り込まれる事は分かっていましたが、どのようにして結合しているのかというメカニズムの詳細は分かっていませんでした。

今回、このメカニズムの詳細が判明した事によって他の糖尿病研究への波及も期待されそうです。

新しい種類のインスリン開発が可能になり、現在のインスリン治療は自己注射という患者にとって大きな負担を強いる手段ではなく、他の楽な手段でインスリン治療を行う事が可能になるのではないかと推測されます。

糖尿病業界は、基礎研究分野で大きな発見が相次いでいますねぇ。今回解明されたインスリンとインスリン受容体の結合メカニズムに関する詳細な論文を読みたいですね。

【以下はAFP=時事 より引用】

インスリンの働きを分子レベルで位置付ける画期的な研究結果が、10日の米科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。インスリン注射の要らない糖尿病治療が可能になるかもしれないという。

 米豪の合同研究チームは、ホルモンの1種であるインスリンが細胞の表面に結合し、血液からグルコースをエネルギーとして取り込む仕組みを分子レベルで詳細に提示することに初めて成功した。

研究を主導したマイク・ローレンス(Mike Lawrence)氏によると今回の研究では、インスリンと細胞表面のインスリン受容体との「分子レベルでの握手」が解明された。同氏は「インスリンとその受容体の双方が相互に作用しながら再構成を行っている。インスリンの一部が開き、受容体の主要な部分が移動してインスリンに働きかけようとする」と説明し、「珍しい」結合方法だと表現している。

 ローレンス氏によれば、今まではインスリンがどのように受容体に結合するのかが分かっていなかったため、新しい種類のインスリンの開発には限界があった。しかし、今回の発見が「注射以外の治療法に道を開く新種のインスリンや、効果の向上や長期化によって頻繁に注射する必要がなくなるインスリンの開発につながるのではないか」(同氏)という。

 またローレンス氏は、現在より安定した冷蔵保存の必要ないインスリンの開発も可能になるため、発展途上国での糖尿病治療をも変えるだろうと語った。インスリンが関与するがんやアルツハイマー病といった疾患の治療にも応用できるという。


posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。