2014年12月10日

ヒートショックにご注意を!

ヒートショックとは、短時間の間に寒暖差のある場所へ移動した時に血管が急激に収縮し血圧や脈拍が大きく変動する事で、身体に大きな負担をかけてしまいます。例えば、暖房で温かいリビングを出て冷え切った脱衣所で入浴準備をしたり寒いトイレに行った時などにヒートショック症状が起こりやすくなります。

ヒートショックによって、脳梗塞や心筋梗塞を起こし倒れたり意識を失ったり場合によっては突然死してしまう事もあります。

ちょっと驚く数字ですが、日本では年間に1万人以上がヒートショックによって死亡していると言われています。

その中でも特に多いのが高齢者で、家庭内で亡くなる高齢者の4人に1人がヒートショックが原因という話もあります。

それと、糖尿病や高血圧、心臓病患者さん。

これら複数の持病がある人は要注意です!

私なんかはとても危険な部類に入ります。

これらのリスクを取り払うためには全ての部屋を暖かくするのが理想ですが電気代もばかになりませんから、持ち運びできる小型の電気ヒーターなどを脱衣所やトイレなどに持ち込むリスクが小さくなります。

先週末は強い寒波の影響で全国的に急激に気温が低下しました。今週末も同様の気気候が想定されていますから警戒が必要ですね。

くれぐれもヒートショックにはご注意を!


posted by グルメ | Comment(0) | ■ 一人暮らしの糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。