2014年12月26日

カリフォルニア州バークリー市が「ソーダ税」導入

カリフォルニア州バークリー市が住民投票で、炭酸飲料など糖分入りの飲料に課税する「ソーダ税」を来月1日から導入することを決めました。肥満や糖尿病を防ぎ医療費を抑制するのが狙いで500ミリリットルのペットボトルで20円ほどの負担になる見通し。

果たしてどの程度の効果があるのかは微妙と言わざるを得ない。炭酸飲料が好きな人にとっては1本20円の税負担が重いとは思えないですけどね。多少は減るかもしれませんが。

国際糖尿病連合によると、2013年の世界の糖尿病人口(20〜79歳)は3億8200万人で、1億9400万人だった03年から倍増。35年には5億9200万人に達するとの予測が発表されています。

以前、糖尿病が増加した最大の要因は清涼飲料水だと私は考えているとして、清涼飲料水の普及と糖尿病の増加を時系列で取り上げた事があります。

私が糖尿病を発症した原因は間違いなく清涼飲料水によるものだという確信があります。当時は糖尿病の知識が全くなくてものすごい量を飲んでいましたから。1日に2リットルのペットボトルを少なくとも2本は飲んでいたと記憶しています。

最低限の糖尿病に関する知識だけでも持ち合わせていれば糖尿病にはならなかった筈。まあ、後の祭りではありますが、私のように清涼飲料水を大量に飲んでいる人がいたら今すぐに見直される事をお勧めします。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。