2015年01月13日

PTSDで女性の糖尿病リスクが2倍に

近年はPTSDと言葉を目にする機会が多いので、多くの方がどういうものであるのかはご存知だと思います。PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは、強烈なショック体験や精神的ストレスが原因となりフラッシュバックを引き起こして恐怖が再現され日常生活に支障を来たすケースもある心の病の事です。

スポンサードリンク



典型的な症例として『戦闘ストレス反応』があります。兵士が戦場で過酷な体験をし、その後、戦場を離れて平穏な環境に戻ったにも拘らずヒステリーのような症状が現れたりする。ベトナム戦争やイラク戦争の帰還兵などに多く見られた症状です。

このPTSDを発症した女性はそうでない女性と比べて2型糖尿病の発症リスクが2倍になるという研究結果が発表されています。

また、男性よりも女性の方がPTSDを発症する傾向が2倍高く、その症状が重い人ほど2型糖尿病の発症リスクが高い事も判明しています。

誰でも衝撃的な体験をした直後には精神的に不安定になりますが、PTSDの場合は数か月が経過してもその状態から抜け出すことが困難になってしまいます。

治療は心理的なアプローチや投薬治療がありますので、数か月を経過しても不安定な状態が続いたり、更に悪化するようであれば医師の診断を受けて治療を行う事がおススメです。

PTSDを発症しているのに治療を受けない人が多いというのが実情のようです。

スポンサードリンク






(以下はAFP記事より転載)

心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症した女性は、そうでない女性に比べて2型糖尿病の発症リスクがほぼ2倍になるとの研究論文が7日、米国医師会(American Medical Association、AMA)の精神医学専門誌「JAMAサイキアトリー(JAMA Psychiatry)」に掲載された。

 米コロンビア大学(Columbia University)と米ハーバード大学(Harvard University)の公衆衛生を専門とする科学者チームが主導した今回の研究について、JAMAサイキアトリー誌は「PTSDと2型糖尿病との間の因果関係に関するこれまでで最も有力な証拠」を提供していると声明で発表している

 今回の研究に用いられたデータは、1989年から2011年の間に米国人女性5万人近くを対象に実施された調査に基づくものだ。

 糖尿病リスク増加分の約半分は、抗うつ剤の使用(34%)と体格指数(BMI)の上昇によって判断される過食(14%)に起因することを研究チームは発見した。

  だが、リスク増加分のもう半分については理由を明らかにすることができなかった。研究チームは、喫煙、食事、アルコール摂取量、運動などに関連する可能性は排除している。

 そして、PTSDの症状が重いほど、2型糖尿病の発症リスクが高くなることも分かった。

 論文に掲載されている参考資料によると、女性の約9人に1人がPTSDを経験するとしており、これは男性の割合の約2倍に相当するという。

 論文の統括著者で、コロンビア大メールマン校(Mailman School at Columbia University)疫学部のカレスタン・ケーネン(Karestan Koenen)教授は「PTSDは、心の健康に対して破壊的であるだけでなく、体の健康にも悪影響を及ぼし、心疾患、糖尿病、肥満などのリスクを上昇させる」と指摘した。

 今回の研究結果を受け、研究チームは、心に傷を残す出来事を経験した女性の糖尿病の兆候に注意を払うよう医療専門家らに呼び掛けている。

 論文の第一執筆者で、米ハーバード公衆衛生大学院(Harvard School of Public Health、HSPH)社会行動科学研究所(Department of Social and Behavioral Sciences)のアンドレア・ロバーツ(Andrea Roberts)研究員は「米国では、PTSD患者の約半数が治療を受けていない状況にある。糖尿病などの慢性疾患に関与する要因への対処として、精神面におけるケアがより大切であることが、今回の研究結果によって明らかになった」と話している。


posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。