2015年02月22日

『1日数杯のコーヒーで医者いらず』と米政府諮問委が提言

コーヒーと健康の関係については様々な研究結果が報告されていて、ある研究では健康に良い、別の研究では健康に悪いと両極端な結果が報告されています。

いったいどちらが正しいのか?

この度、米国人の食事指針の変更を提言する米政府の諮問委員会が、コーヒーは心臓病や2型糖尿病のリスクを低減すると指摘しました。

【以下はブルームバーグ記事より転載】

1日数杯のコーヒーで医者はいらないかもしれない。米国人の食事指針の変更を提言する米政府の諮問委員会がこうした見解をまとめた。
.諮問委は19日の報告書で、1日3−5杯のコーヒーを飲むことは長期的な健康リスクと関連がなく、相関関係が見受けられるのは心臓病や2型糖尿病のリスク低減だと指摘した。
.諮問委メンバーでコーネル大学の栄養学者トム・ブレンナ氏は電話取材に対し「コーヒーは良いものだ。コーヒーががんに有効であるとの示唆があるとも言えず、そう考える人もいないが、リスクを高める証拠もない。あるとすれば逆の効果だ」と述べた。
.この諮問委は専門家で構成される超党派の委員会で、米食品医薬品局(FDA)や農務省など米政府機関に提言する。助言を受けて作成される政府指針は連邦政府の食料プログラムや学校給食など自治体の政策に影響する。これまでの指針ではカフェインが健康に与える影響についての言及していない。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ