2015年03月20日




糖尿病の食事療法とブログを書く事の共通点

糖尿病のブログを始めて6年近くが経過しました。いつも思うのですが、糖尿病の食事療法とブログを書く事には共通点があるな、と。

共通点とは?

継続する事の難しさです。

糖尿病の食事療法を続ける事の困難さは皆さんがご存知の通りです。

「今日ぐらい食事療法をスルーしてもいいだろう。」

しかし、1日だけスルーするつもりがタガが外れて何日も続いたりする。次第にモチベーションが下がって、「そもそも、なぜ私が糖尿病にならないといけないワケ?」「毎日、毎食、こんな仏様みたいな食事量なんて、やってらんない!」みたいに後ろ向きになってしまう。

私を含めてブログを運営している人達にはそれぞれの目的や目標というものがあります。そういうものなくしてブログをやっている人はまずいないと思います。

例えば、糖尿病治療のモチベーションを高める為であったり、同じ悩みを持つ人達との触れ合いを望んでいたり、ブログを書く事でストレス発散したり、日記の意味合いであったり、他にも様々な理由があります。

でも、ブログを更新する事が苦痛でどうしようもない時があります。

気力が失せたり、体調がすぐれなかったり、大きな悩みを抱えていたりすると

ついついブログから逃げてしまう。

1日逃げたら1週間とか2週間も更新できなくなるなんて珍しい事ではありません。人間ってなにかと理由をつけて楽な道を選びますから。そして、更新できない理由を探し出して自分を納得させようとする。まさに自己欺瞞ですね。

この辺りの心理的な展開は、糖尿病の食事療法ととても似ています。

ブログ更新を滞らせる日数が経過すればすればするほど再始動が難しくなります。

ほんと、この2つはよく似てるなぁと思うのですよね。


posted by グルメ | Comment(0) | ■ 雑感・日々思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: