2016年12月22日

「ビールで血糖値は上がらない!」は本当か?

ビールは炭水化物を含んでいるので糖尿病の人がビールを飲むのは避けた方が良いというのが定説で、アルコールを飲むなら焼酎やウイスキー、ワインを適量にとされていますが、ちょっと意外な噂があります。

「ビールで血糖値は上がらない!」

えっ? 本当なの?

スポンサードリンク





だってビールには100グラム当たり3〜4グラムぐらいの炭水化物が含まれている幡豆ですけど・・・

まあ、私も退院する時に主治医から「頑張りましたね。今後も血糖値が安定した状態が続いたら、ご褒美として週に一度ぐらいは350mlのビール1缶ぐらいは飲んでもいいですよ。」と言われた事がある。

ビール好きな私としては、この記事は見逃せない!

もし、本当に上がらないとすれば実にありがたい事だが・・・
ちょっとドキドキしながら記事を読む事にした。

スポンサードリンク




この噂話を検証したのは、医療ジャーナリストの市川衛さん。とても面白い内容でしたので皆さんにご紹介したいと思います。ただ、微妙な終わり方ですので過度の期待はしないでください。

日本糖尿病学会研修指導医の山田悟さん(北里研究所病院糖尿病センター長)へのインタビューもあります。ちょっと長い記事ですので、せっかちな人は記事の最後の方に同氏のインタビュー内容が書かれていますので前段は飛び抜かせて、そちらから先に読むとよろしいかと。w

「ビールで血糖値は上がらない?ウワサの真相を調べてみた。」(医療ジャーナリストの市川衛さんの記事)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ