2017年05月20日

糖尿病は治療の選択肢が多いが心臓病は選択肢が限られる

私は糖尿病だけではなく房室ブロックという心臓病も抱えています。糖尿病は治療の選択肢が多いのですが房室ブロックは糖尿病と比べると選択肢が限られますし、私の場合はペースメーカーを入れるしかないと主治医に言われました。

ペースメーカーを入れている友人に埋め込み後の体調の変化などを聞いてみたら「私の場合は埋め込み後に顕著に身体がだるくなった。ペースメーカーを入れるしかないのなら仕方ないけどね。」という事だった。

ペースメーカーの埋め込みでは合併症のリスクもたくさんありますしね。結局、様々な点を考慮して入れなかったのです。

その後、何度か大きな発作を起こして救急車を呼ぶ事態もありましたが発作の頻度は低いです。ただ、軽い発作は2〜3ヶ月に一度のペースで訪れ動けなくなることもあります。

徐脈(心拍数が60以下)になったり不整脈(一時的に脈拍が乱れる)で脈が途切れたりします。脈が途切れた時はとても不気味だし気持ち悪くなる。「あーー 心臓が止まる!」みたいな感じ。

糖尿病は食事療法や運動療法という薬などに依存しない治療が可能ですが、私が抱えている心臓病はそういう治療法がありませんし、大きな発作は死に直結しますから実に厄介です。

糖尿病になって落ち込んでいる人も多くいらっしゃいますが、心臓病に比べるとまだ遥かにマシだと思います。ものは考えようです。糖尿病になって悩んでいる皆さん、心臓病だけではなく、もっと大変な病気を抱えている人達もいらっしゃいます。

あまり思いつめずに前向きに考えて治療に励みましょう ❕
posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ