2017年06月13日

SGLT2阻害薬の注意点

糖尿病患者にとっては次々と新しい薬が創薬される事は選択肢が広がって実にありがたい事です。しかし、どうしても薬を処方する医師や使用する患者にとっては不安もつきまとうのは言うまでもありません。

SGLT2阻害薬単体で見た場合、やはり気になるのは2年ほど前に米食品医薬品局(FDA)が発したSGLT2阻害薬が誘発したと推測されるケトアシドーシス発生事例。

日本でも同様の事例が発生していて、日本糖尿病学会の「SGLT2阻害薬の適正使用に関する委員会」から「SGLT2阻害薬の適正使用に関するRecommendation」が発表されています。

あくまでも、適正利用するためのアナウンスですから誤解なさらないようにお願いします。

薬の事は私達糖尿病患者でもよく分かりませんが、可能な限り知っておきたい。分からない事は専門医に尋ねるというスタンスが大切だと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ