2017年12月20日

ハワイでドカ食い! 血糖値が〜〜っ!!

糖尿病を発症して間が無い頃にハワイ旅行に出掛けました。日頃、厳しい食事制限と運動療法をしていた事もあり、「ハワイ旅行に来た時ぐらいは羽目を外してもいいじゃんか!」という事でドカ食いをしました。

妻は「ちょっと―ッ! 幾らなんでも食べ過ぎでしょっ!!」と目くじらを立てて睨みつけた。
「ははは・・・」ごまかし笑いをしたのだが私自身も不安は隠せない。

ステーキを300gほど食べ、もちろんオードブルも何皿も食べた。
血糖値が凄い事になってるだろうな。

ホテルに戻って恐怖の血糖値測定を行った。、
数値を見るのが怖い。

スポンサードリンク



ところが何故か正常値で収まっている。
「あれ? 測り方が悪かったかな?」
もう一度測定をしたが、やはり正常値。

当時は医師の指示でカロリーばかりを考えた食事をしていたし、血糖値を上昇させる主因は糖質だという事を知らなかったので、あんなドカ食いをしたのだから大変な事になのだかっていると思っていたのです。

米にこだわる主義の私にとってハワイで食べる米はマズくて、その夜の食事ではほとんど米を食べていなかった。当時、ステーキやオードブルに盛られているポテトは嫌いだったので全く食べなかったし。

今では多くの人が「血糖値を上昇させる主因は糖質だ。」という事を知っていますが、当時はそういう指摘をする人は皆無だったのです。主治医も摂取カロリーばかりを指摘されていましたし。

そういうわけで、ドカ食いをしたのに血糖値が上昇していなかったのです。

「オレ、糖尿病治ったんじゃない?」

後に、その考えは全くもって間違っていた事を思い知る事になったのですけどね。

スポンサードリンク










posted by グルメ | Comment(0) | ■ 食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。