2018年01月01日

平均寿命9年連続最短の「青森県」食の嗜好に驚きはあるが

平均寿命9年連続最短の「青森県」ですが、デイリー新聞さんの現地取材ルポを読んで、当地の食の嗜好に驚かされました。

カップ麺が好物という方が非常に多いようで、中には1日に2個は食べるという方もいらっしゃるようです。、また、お酒が大好き、野菜はほとんど食べない、缶コーヒーが大好きという方も多いようです。

そして、運動量も少ないようです。スーパーのカップ麺の売り場は類を見ないほど広いらしい。「インスタントラーメン」「缶コーヒー」ともに消費量全国1位なのです。
スポンサードリンク







因みに病名に関するデータを見ると、糖尿病が全国1位、がんが2位、腎不全が3位、肝疾患が4位、肺炎が5位、脳血管疾患が9位です。

記事内容に興味のある方は下記サイトをご覧ください。

青森県はなぜ早死にするのか 平均寿命最短でV9、衝撃的すぎる食生活(上)(デイリー新潮)

青森県はなぜ早死にするのか 平均寿命最短でV9、衝撃的すぎる食生活(下)(デイリー新潮)

この記事を読む限りでは「平均寿命9年連続最短というのも納得させられる。」と思うのは私だけではないだろうと思います。

データに基づいた報道というものは大きなインパクトがあり、特にそのタイトルは読み手の心象に大き¥な影響を及ぼします。

「青森県」は平均寿命9年連続最短という事実は様々な報道機関からニュース配信されていますからご存知の方が多いと思います。たぶん、ほとんどの方が「生活習慣を変えるべきだ。」と思われたのではないでしょうか。

しかし、見方を変えれば「さて、それはどうなんだろう?」という考え方も成り立つ。

その事については、次の記事で書かせていただきます。
posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病と向き合う心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。