2018年01月25日

腸内環境の良し悪しが健康と病気発症に影響を及ぼしているかも

この数年間、腸内環境に関する研究結果などの記事を読み漁ってきました。私は医療関係者ではありませんが、私なりに得た結論は、腸内環境の良し悪しが健康と病気発症に大きな影響を及ぼしている可能性が大だと思っています。

あらゆる病気は腸内環境が悪い事に起因しているのではないかと。

先日、腸内環境に関するとても教務部会記事を見つけましたので、興味のある方はご覧ください。ちょっと長い記事ではありますが、とても分かり易くて濃い内容の記事です。

腸に穴があい下痢になる人が増えている(PRESIDENT online)

腸内細菌のエサと言ってもいいのが、野菜・階層・豆類です。野菜、海藻などの腸内をきれいにする食物繊維を取ると乳酸菌が増え、ビフィズス菌は野菜や豆に多いオリゴ糖を餌にしています。
スポンサードリンク








同じ野菜でもぬか漬けにすると乳酸菌の量やビタミン類の量が急増します。私は昔ぬか漬けを作っていましたが今は漬物屋さんから購入しています。でも、キュウリと人参だけなので物足りない。大根やナスビの方が美味しいですから。

といいう事で、もう一度ぬか漬けにチャレンジしようと思っています。こちらは学研さんのぬか漬けキットですが、これを取り寄せるつもりです。





一方で、肉類の過剰摂取は悪玉菌を増やしてしまう事になります。
ではどの頻度なら食べても良いのか?

諸説ありますが週に1回ぐらいが良いという指摘が多いようです。せいぜい週に2回までではないでしょうかね。

因みに乳酸菌は腸に届くまでに死滅してしまうので実際には効果が薄いという話も聞かれますが、死滅した乳酸菌でも大きな力を発揮する事をご存知でしょうか。

この乳酸菌に関する記事を近いうちに書きたいと思っています。どうも大きな誤解情報が飛び交っているようですからね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ