2018年03月07日

糖尿病が引き起こす「合併症」 神経障害を甘く見てはいけない

「糖尿病は合併症が怖いのだ。」と、よく言われます。そして3大合併症は「神経障害」「網膜症」「腎症」で、最悪の場合には「脚の切断」「失明」「透析」に至るという事はご存知の方が多いと思います。

糖尿病の3大合併症の中で最初に現れる症状は「神経障害」だから、神経障害が出ない限りは「網膜症」や「腎症」の心配はしなくても良いと思っている方が多いかもしれませんが、厳密に言えばその考え方は間違っています。

確かに大半のケースでは最初に現れるのは神経障害ですが、そうではないケースもあるのです。

また、神経障害になったとしても「フットケア」に注意を払っておけば、「皮膚潰瘍」「壊疽」などになったとしても早期発見・治療によって脚の切断にまでは至らないだろうから「神経障害は軽い合併症だ。」「壊疽・潰瘍だけに注意していればいい。」と考えている人がいるとしたら、それは大きな間違いです。
スポンサードリンク




神経障害は脚の切断か切断回避かという問題に目を奪われがちですが、それだけではなく、他にも様々な障害が生じます。

神経障害が悪化すると、「便秘」「排尿困難」「ED」「発汗異常(皮膚の一部だけ汗が出ない・逆に特定の部分で異常に汗が出る等。」「低血糖と高血糖を繰り返す。」「低血糖の自覚症状が無く、いきなり意識を失う。」「本来なら激しい痛みを伴うような心臓発作を起こしても無痛のため危機的状況に気付かない。」「脚の関節変形」「歩行困難」等々。

数え切れないほどの症状が存在します。

因みに、私の父は極度の便秘と排尿困難な状態になっていたらしい。尿意はあるのに出ない時が多々あり病院で排尿してもらっていた事を後に聞かされた。オシッコが出ないのはとても苦しいらしい。

神経障害と言っても多岐にわたるのです。

糖尿病と診断されても、当初は特段の自覚症状が無い為に放置する人が少なくないようです。糖尿病に対して過剰に悲観するのも考えものですが、「糖尿病の知識を得る事」や「定期的に検診を行い医師の診断を仰ぐ事」が大切です。

眼科にも半年に1度は眼底出血などが生じていないかどうか検診に行くべきです。キチンと眼底検査をして早期発見に努め、失明しないように注意を払いたいものです。レーザー治療もできますしね。

自己判断で安易に考えて「放置」というのは非常に危険な事だと思います。

スポンサードリンク




posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病の合併症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ