2012年02月08日

日本初!食品の炭水化物量とカロリーが分かる アプリ「Carbodata」

体重を気にしている人にとって、食品に含まれる炭水化物量やカロリーは気になるところ。カロリーを表示している食品は増えてきたが、炭水化物まで表示している食品はまだ少ない。

 自分が食べるものの炭水化物量を知りたいという人にオススメなのが、Androidアプリの「Carbodata」(開発:MYSTAR-JAPAN、無料)。食品の名前を入れて検索すると、その食品に含まれる炭水化物の量とカロリー、血糖に与える影響を示すグラフ、1日の摂取カロリーの目安量に対する割合を示すグラフが表示される。

 そもそもは糖尿病患者を支援するアプリで、食事が血糖に与える影響を判断できるようになるトレーニングのために開発されたものだが、カーボダイエットにも十分に役立つ。春が来るまでにゆるんだ体を引き締めたいと思っている人は、試す価値ありだ。

【+D Mobile より引用】


1.音声検索が可能
2.炭水化物量およびカロリーをユーザーの1日の摂取めやす量に対する割合を見える化
3.食事の血糖に与える影響を時間軸で表現・グラフにして見える化

料金: 無料

DL条件: Android2.1以上

その他: 食事のデータは株式会社Eat SmartのAPIを利用しており、現在4万品以上から検索可能

これは便利ですねぇ。しかも無料です。

詳しく知りたい方はアプリCarbodataをリリースのリンクをクリックしてください。

日本初!食事の炭水化物量検索アプリCarbodataをリリース


2012年01月27日

富士通、携帯電話による「糖尿病サポート」に無料コース追加

富士通は26日、糖尿病患者の生活習慣の改善から治療の支援までサポートする「からだライフ 糖尿病サポート」に、無料サービス(無料サポートコース)を追加した。

「からだライフ 糖尿病サポート」は、富士通製携帯電話と血糖測定器を連携させ自動で血糖値を記録し、データ管理などを行う、有料のクラウドサービス。今回、対応機種を大幅に拡大するとともに、各種携帯電話やスマートフォンで、Webアプリケーションを活用して「食事」「運動」「血糖値」などを管理し、糖尿病の療養に欠かせない食事節制や運動の習慣化を支援する機能を無料で提供する。

本サービスでは、日々の「食事の量」「運動」「血糖値測定回数」の行動目標を設定し、記録を続けることを3週間で1サイクルとして取り組む。毎週届く「応援メール」で行動目標に対しての達成度もひと目で確認できるため、振り返りも簡単に行える。

その後、有料コースへの変更も可能。サービス対応機種は、NTTドコモ「iモード」/KDDI(au)「EZweb」/ソフトバンクモバイル「Yahoo!ケータイ」および、各種スマートフォン。「基本サポートコース」「安心サポートコース」では対応している携帯電話と、アークレイおよび三和化学研究所が販売する血糖測定器が必要となる。

【RBB TODAY 記事より引用】


これはとてもありがたいサービスですね。

糖尿病患者にとって自己管理をするというのは孤独な作業ですから、こういう形で整理された行動目標があると管理しやすくなります。

独身の方などは特によろしいかと。

応援メールもついているので、達成する意欲が湧きそうでですね。

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。