2012年01月23日

カロリーゼロ飲料の甘さの秘密

前回、「糖尿病患者はカロリーゼロの清涼飲料水を飲んでいいのか?」という記事を書きました。カロリーゼロ飲料は人工甘味料を使っていて小腸でほとんど吸収されない甘味料なので、急激に血糖値を上昇させるブドウ糖液糖や砂糖が入っている飲料と比べると血糖値の上昇はほとんどなく、糖尿病患者にとっては非常にありがたい飲み物です。

もちろん、実際はカロリーゼロではない確率が高いので、適量ならOKという事になります。

しかし、しかしです。

いや、その前に人工甘味料って、どういう物なのでしょう?

まず、人工甘味料は糖質ではなく「食品添加物」に分類されています。

人工甘味料にはアスパルテーム、サッカリン、キシリトール、アセスルファムK、ソルビトール、パラチノース等があり、砂糖よりも200〜500倍の甘さで、ごく少量で甘みを出す事ができます。

カロリーゼロの飲料でよく見掛けるのがアスパルテームですかね。世界で最も普及している人工甘味料です。因みに、今、我が家の冷蔵庫に入っている「カロリーゼロ」「糖類ゼロ」「保存料ゼロ」という炭酸飲料はアセスルファムKが入っています。

人工甘味料が使われているカロリーゼロの炭酸飲料を飲まれた方なら分かると思いますが、ちょっと後味が気持ち悪いというか不快というか、味覚的には「不快な甘さ」という感じがします。まあ、人それぞれに感じ方は異なるとは思いますが。。。

人工甘味料でダントツの普及率を誇るのがアスパルテームで、大半のガムにはこれが入っています。

この甘味料、実は何かと「いわく付き」なんです。1973年に米国食品医薬品局 (FDA)に認可申請したのですが、データの捏造露見、危険性を指摘する科学者の意見や消費者からの反対運動もあって許可されませんでした。そして、1983年に使用許可が下りています。

この使用許可を巡ってはどうも政治的な背景があったようで、当時の国防長官の名前も取りざたされています。他にも認可に至る裏事情のいろんな証言があって・・・

(次回に続く)


2012年01月22日

ワインの飲み過ぎ

昨日そして今日は仕事が休みなので、朝からブログを更新しながら何度もワインを飲んでいます。お酒は種類に限らず何でも好きなのですが、日本酒なら1合程度、ビールなら大瓶1本が限度で、焼酎に至ってはごく僅かしか飲めません。

ただ、ワインだと油断すると1本程度は軽く飲んでしまいます。

まあ今日は飲み過ぎたと言っても半本程度なんですが、糖尿病患者としては明らかに飲み過ぎなわけで、もうやめよう、もうやめようと思っても、あともう一杯だけみたいな感じで。。。

昨日、開けたばかりのワインボトルが既に残り僅かになっていて、あとグラス1杯でなくなりそうです。安物のワインなんですが、ワインはやっぱり美味しい!

先日からワインが糖尿病に良いという話を幾つか書きました。ワインと言っても赤ワイン限定ですけどね。私の場合は赤ワインを飲んでいるとムチャクチャ体調が良いんですよね。

白ワインは、あのこってり感がどうも好きになれないんです。白身魚を食べる時なんかは「美味いなぁ」と思うんですが、白ワインにちょっとおつまみみたいな飲み方だと、あまり美味しく感じないんですよね。

以前は裕福だったので、1本3万円から10万円のワインを中心に飲んでいましたが、今は貧乏なので500〜800円のワインを飲んでいます。安物赤ワインでも、やっぱりワインは美味しい。

最近、私が飲んでいるのはチリワインの赤です。以前からフランスワインの高価な物を飲まない時はチリワインを飲んでいました。

テレビのグルメ番組でグルメとして有名な3人のタレントが、ロマネコンティとチリワインの2000円ぐらいの物を飲み比べして、どちらがロマネコンティかを当てるというのがあったのですが、全員がチリワインをロマネコンティと答えたんですよね。

「いくらなんでも、普通間違えないだろ・・・」

そう言いたいけど、まあ、チリワインというのは中々のものではあります。

    チリ産 赤ワインのカタログ

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。