2017年06月05日

【重要】糖尿病治療薬とゴーヤの併用は注意が必要との指摘がある

一般社団法人 愛知県薬剤師会の「医薬品との併用に注意のいる健康食品」のコーナーで、糖尿病治療薬とゴーヤの併用は相加的作用により血糖降下作用が増強されると表記されています。すなわち、血糖値が下がり過ぎて低血糖になる恐れがあるという事なのでしょう。

血糖値を下げると考えられている食材はたくさんあるのですが、その中でゴーヤと単体で名指しされています。見方を変えると、単体で名指しされるほど血糖を下げる効果が強いという事になります。

毎年この時期になると、血糖値を下げる食材としてゴーヤを取り上げて記事にしてきたのですが、特段の注意喚起はしていませんでした。

血糖値を下げる働きがある食材を食べるという事は糖尿病薬を使用している人にとっては薬の効きを増加させる事は当然ですから、こういう食材を食べる事によって次第に薬の量が減ったり、投薬から解放される流れになれば良いなと思っていたのですが、薬剤師会からこのような注意喚起が成されているという事になると、さすがに不安を感じずにはいられません。

薬剤師さんと医師の捉え方が必ずしも一致するとは限りませんので、念の為に投薬治療をされている糖尿病患者さんは主治医に相談なさってください。

私は今は薬を飲んでいませんが、薬を飲んでいた頃からゴーヤの効能を確信して食べていましたけど、運動療法のやり過ぎで低血糖になった事はありますがゴーヤを食べて低血糖になった事はありませんでした。

いずれにしても、ゴーヤを食べる事に関して主治医に確認を取られた方が良いと思います。また、確認の結果、主治医からどのようなコメントがあったのかという情報を当サイトのコメント欄にご記入いただければとてもありがたいです。よろしくお願いいたします。


2017年06月03日

浜松のウナギ専門店が糖質制限・減塩の「かば焼き用たれ」を開発 

浜松市浜北区のウナギ専門店「うなぎの井口」が糖質制限・減塩のかば焼き用たれ「井口の健美」を開発し、世界的権威の国際味覚審査機構(本部・ベルギー)から本年度の優秀味覚賞に選ばれました。

井口社長のお父さんが糖尿病の合併症で亡くなられた事から、糖尿病や高血圧で食事制限のある人にも「かば焼き」を楽しんでほしいと発案したらしい。

糖質制限・減塩のたれは100ミリリットル200円から。「かば焼き」は1900〜2100円で30日まで割引があるとの事。

因みに今年の土用丑の日は7月25日(火)です。

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。