2014年12月03日

一部の2型糖尿病患者に運動療法の効果なしの可能性

2型糖尿病患者の15〜20%の人では、ある種の遺伝子が日常的な運動による血糖改善効果を妨げる可能性があるという事が、米フロリダ病院および米サンフォード・バーナム医学研究所(オーランド)のLauren Marie Sparks 氏らの研究結果から示されたそうです。

糖尿病診療に携わる医師の間では長く思案されてきた事実らしい。

食事療法と運動療法は血糖コントロールの両輪と言われて久しいのですが、その内の1つに効果が見込めない可能性があるというのは実に厄介ですねぇ。

【以下はヘルスデージャパン記事から転載】

米ノースショア-LIJショセット病院体重管理センター(ニューヨーク州)Maria Penaセンター長は、「われわれは長年、運動がインスリン抵抗性の改善に役立つという印象を持ってきた。しかし実臨床で目にする患者間での体重減少や運動、代謝プロファイルの差には戸惑いも抱いていた」と同研究の背景を説明する。

「例えば、1日おきに30分歩いて体重が15ポンド(約6キロ)減った人ではHbA1c値が有意に低下するのに、その2倍の運動をしても同様な成果が得られない人がいるのはなぜかという疑問だ」と同氏。

検討でSparks 氏らは、2型糖尿病患者における運動の効果について検討した臨床試験について調べた。同時に、同じテーマについての遺伝的研究と動物研究についても調べた。

その結果、2型糖尿病患者の15〜20%では、運動は血糖値の改善やインスリン感受性の上昇、脂肪燃焼に関する身体の能力の向上にはつながらないことが明らかになった。

「Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism」オンライン版11月20日号に掲載された論文によると、動物研究および遺伝的研究の結果からは、2型糖尿病患者でみられるこうした“運動耐性”は遺伝的なもので、世代間で継承されることが示唆されたという。

Sparks氏は同誌ニュースリリースで、「肥満と運動不足は2型糖尿病の2大危険因子であることから、糖尿病の予防と管理のために医師は運動その他の生活習慣介入を勧めることが多い。実際のところ、大半の患者は運動療法によって血糖改善の便益が得られる。しかし少数とはいえ無視できない数の患者では、遺伝子のせいで代謝面の改善が得られないことが、われわれの研究からは示唆された」と解説。

さらに、「どの患者で運動プログラムが有効で、どの患者ではそうでないについてはさらなる研究が必要だ。現在わかっている情報からでも、運動の便益が最大限得られる患者に対しては特定の介入と治療が行えるし、運動が奏功しない患者についてはその助けとなる新たな治療アプローチを考えることができる」と述べている。

この結果について、米マウントサイナイ糖尿病センター(ニューヨーク市)のRonald Tamler氏は、2型糖尿病患者は日常的な運動を中止するべきという意味ではまったくない点を強調。

「私の臨床経験では、人によって奏功する運動の種類は異なるものだ。その患者に合った種類の運動を適切な強度で実践してもらうことによって、糖尿病治療薬を減らすことができた症例を何度も経験している」と述べている。

posted by グルメ | Comment(0) | ■ 運動療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

糖尿病の人は無理な筋トレをしてはいけない

糖尿病の予防や改善の為には運動は不可欠で、その中でも筋トレは想像以上の効果がある事を身をもって体験しています。筋肉に刺激を与える事でグルット4が活性化したり筋肉を増やす事でグルット4の量が増え、血液中のブドウ糖が筋肉に取り込まれやすくなります。

そういうワケで私は筋トレを非常に重視しています。

日頃はダンベルによる筋トレを行なっているのですが、腕立て伏せも併用する事にしました。ということで、腕立て伏せをかなり久しぶりにやってみたのですが・・・

「えっ? なんで〜??」

なんと、以前やっていた回数の3分の1の回数しか出来ない!

ダンベルによる筋トレはピーク時に近い回数をこなせる状態に戻っているのですが腕立て伏せは出来る回数が驚くほど減っています。使う筋肉の部位が違うのかもしれませんねぇ。正直、ビックリしました。

まあ、あまり無理をせずに徐々に回数を増やしていこうと思っています。

糖尿病や高血圧の人の場合は筋トレは慎重に無理をせずに行うべきだと思います。筋肉量を効率的に増やす為には、それなりにハードな筋トレが必要だと思いますが、糖尿病の人は血管にダメージを受けている可能性も十分にありますから力み過ぎは非常に危険です。

無理のない範囲で徐々に負荷を強める程度の考えで臨むのがベターです。

特に血糖コントロールがスムーズに行っていない場合は、その程度によって筋トレだけでなく運動そのものも中断しなければ逆効果になる恐れがありますから主治医と相談しながら取り組む必要があります。

うっかりドアで頭をぶつけて失明したという話を聞いた事があります。まず、自分の糖尿病の状態を知る事が大切で、主治医と相談しながら状態に合わせて運動療法に取り組むというスタンスが必要だと思います。
posted by グルメ | Comment(0) | ■ 運動療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

運動量が多い糖尿病患者は死亡率が、なんと!半分!!

かねてから「糖尿病の人は運動療法をもっと取り入れるべき。」「私の場合は食事療法よりも運動療法によって糖尿病が改善した。」という事で、運動療法の重要性について何度も語ってきました。

厚生労働省研究班の調査によって、糖尿病の人で熱心に運動をしている人と特に運動をしていない人の死亡リスクが大きく異なる事が判明しました。

熱心に運動をしている人の死亡リスクは、なんと、半分だという事です。

食事療法ばかりに目を向けているあなた!
もっと運動療法にウエイトを置くべきかも!

【以下は毎日新聞より転載》

日ごろ熱心に運動している糖尿病患者は、ほとんどしない人に比べて死亡の危険性がほぼ半分に下がることが、厚生労働省研究班(主任研究者=曽根博仁・新潟大教授)の大規模調査で判明した。

 研究班は「食事に比べ運動指導はあまり実施されていないが、大きな効果があることが分かった」と分析している。調査結果は欧州糖尿病学会誌(電子版)に掲載される。

 生活習慣が原因で発症する2型糖尿病の男女1702人(40〜70歳)を約8年間、追跡調査した。運動量に応じて「多い」「少ない」「中程度」の3群に分け、脳卒中の発症、死亡などを比べた。

 運動量が「多い」群は、時速6キロのウオーキングに換算すると1日平均1時間10分、水泳では同30〜40分程度の運動量。「少ない」群は、仕事や日常生活の活動以外、ほとんど運動していなかった。

 調査の結果、「多い」群の患者が脳卒中を起こす危険性は、「少ない」群の約6割、他の病気も含め死亡する危険性は5割程度にとどまっていた。曽根教授は「運動は血糖値や血圧を改善させるほか、ストレス軽減効果もあるのかもしれない」と話している。
posted by グルメ | Comment(0) | ■ 運動療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする