2013年02月25日

運動量が多い糖尿病患者は死亡率が、なんと!半分!!

かねてから「糖尿病の人は運動療法をもっと取り入れるべき。」「私の場合は食事療法よりも運動療法によって糖尿病が改善した。」という事で、運動療法の重要性について何度も語ってきました。

厚生労働省研究班の調査によって、糖尿病の人で熱心に運動をしている人と特に運動をしていない人の死亡リスクが大きく異なる事が判明しました。

熱心に運動をしている人の死亡リスクは、なんと、半分だという事です。

食事療法ばかりに目を向けているあなた!
もっと運動療法にウエイトを置くべきかも!

【以下は毎日新聞より転載》

日ごろ熱心に運動している糖尿病患者は、ほとんどしない人に比べて死亡の危険性がほぼ半分に下がることが、厚生労働省研究班(主任研究者=曽根博仁・新潟大教授)の大規模調査で判明した。

 研究班は「食事に比べ運動指導はあまり実施されていないが、大きな効果があることが分かった」と分析している。調査結果は欧州糖尿病学会誌(電子版)に掲載される。

 生活習慣が原因で発症する2型糖尿病の男女1702人(40〜70歳)を約8年間、追跡調査した。運動量に応じて「多い」「少ない」「中程度」の3群に分け、脳卒中の発症、死亡などを比べた。

 運動量が「多い」群は、時速6キロのウオーキングに換算すると1日平均1時間10分、水泳では同30〜40分程度の運動量。「少ない」群は、仕事や日常生活の活動以外、ほとんど運動していなかった。

 調査の結果、「多い」群の患者が脳卒中を起こす危険性は、「少ない」群の約6割、他の病気も含め死亡する危険性は5割程度にとどまっていた。曽根教授は「運動は血糖値や血圧を改善させるほか、ストレス軽減効果もあるのかもしれない」と話している。


posted by グルメ | Comment(0) | ■ 運動療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

肥満の糖尿病女性には有酸素運動の効果が低い!?

糖尿病の人にとって運動療法は欠く事が出来ないのは改めて言うまでもありません。運動療法と言っても大きく分けてウォーキングなどの有酸素運動と筋力トレーニングの2通りがありますが、ちょっと驚きのデータが発表されています。

2型糖尿病の肥満男性で心臓の健康に良いとされる有酸素運動は、同じ症状の女性には同じ効果をもたらさない可能性が、米ミズーリ大学栄養運動生理学部教授のJill Kanaley氏らによる小規模介入試験の結果から示唆されています。

簡単に言うと、同期間、同様のメニューで行われた有酸素運動の効果に男女差が見られ、男性には効果があったが女性には効果が見られなかったというもの。

また、肥満した2型糖尿病女性患者に関しては、ウォーキングのような運動より長期あるいは高度に集中した エクササイズ の方が有効な可能性があるとしています。

但し、症例が22例と少ない事、また、血糖値などの糖尿病に直接関わる効果云々の試験ではありません。血流や血圧などの検査が主として行われており、女性2型糖尿病患者は男性2型糖尿病患者より虚血性心疾患による死亡率が高いといった事を背景に行われた試験だという事を書き添えておきます。

【以下は HealthDayより転載】

2型糖尿病の肥満男性で心臓の健康に良いとされる有酸素運動は、同じ症状の女性には同じ効果をもたらさない可能性が、米ミズーリ大学栄養運動生理学部教授のJill Kanaley氏らによる小規模介入試験の結果から示唆された。「Metabolism」の最近の号(2012年12月号)に掲載された論文。

Kanaley氏らの研究班は、肥満した2型糖尿病女性により適した日常運動プログラムの構築に役立つ知見になるとしている。

介入の対象は2型糖尿病の男女22例。16週間のウォーキングプログラムの前後に、心拍や血圧といった血行動態に与える影響を等尺性運動負荷試験で測定した。同試験はハンドグリップを数分間握って静的負荷をかけ、心拍や血圧の反応、回復具合などを評価する試験だ。

その結果、男性患者ではウォーキングプログラム後に血行動態の反応が有意に改善していたが、女性では有意な改善は認められないことがわかった。

また、運動中に上昇した血圧は運動停止後速やかに正常値へ戻ることが望ましいが、女性患者ではこの回復が男性患者より遅いこともわかった。男性患者ではウォーキングプログラムによってこの回復時間が短縮していたが、女性患者ではそうした短縮も認められなかった。

Kanaley氏は、女性2型糖尿病患者は男性2型糖尿病患者より虚血性心疾患による死亡率が高いといった背景を説明しながら、これまで良いと考えられてきた有酸素運動の効果に性差がある可能性を指摘。

肥満した2型糖尿病女性患者に関しては、ウォーキングのような運動より長期あるいは高度に集中したエクササイズのほうが有効な可能性があるとして、「運動介入の評価では、運動中の心拍上昇だけでなく、運動後の心機能の回復状態についても観察を行うべきだ」としている。
posted by グルメ | Comment(0) | ■ 運動療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。