2017年06月24日

今日は豚しゃぶとゴーヤそして焼きナス

糖尿病・心臓病持ちで1人暮らしなのでほぼ95%に近い自炊生活をしています。でも男の私にとって自炊は大変なので手間暇をかけない料理が中心です。まあ、料理とはとても呼べない内容ではありますけど。

大半はレンジでチン。基本的にかなり薄味好みなので、レンジでチンして食べる時にわずかな調味料をつければOKなんです。

この時期はゴーヤを食べる機会が多いのですが、カットした後に皿に入れラップを掛けてレンジで5〜6分チンして、そのまま食べます。味付けは一切なし。たまに塩コショウを振る事もありますが普通は何も掛けずに食べます。これには誰もが驚きます。癖の強い味ですからね。

ゴーヤの効能については今までに何度も書いていますから今回は書きませんが、ビタミンCがとても多くてしかも熱による損失がほとんどありません。抗酸化食品の代表と言っても良い野菜です。

そして、豚しゃぶ。栄養の事を考えると本当は生姜焼きの方が良い(ビタミンB1は水溶性なので水に流出する)のですが、熱湯で短時間ボイルするだけなので手間暇が掛かりませんし、ボイルした残り湯に塩コショウを入れれば美味しい?スープになります。

豚肉はビタミンB群が豊富で糖質や脂質をエネルギーに変えたりするビタミンB1、脂質や糖質の分解を促進するナイアシンなども多く含んでいます。豚肉は夏バテ防止に効果がある事が広く知られています。

ナスビは9割以上が水分で野菜としては特筆するほどの栄養素は含まれていません。皮部分にポリフェノールが含まれていますので皮ごと食べる料理の方が良いのですが、焼きナスは大好物なので。ちょっと醤油を垂らすと最高に美味い。

という事で、10分程度の調理時間で済んで、低カロリー&糖尿病にも良いの晩御飯の出来上がり。こんな感じで手抜き料理ばかりしてるけどスーパーの総菜を買って食べるよりは遥かに健康的だと自負しています。

えっ?「そんな味気ない物、食えるか!」ですって。。。

2014年12月10日

ヒートショックにご注意を!

ヒートショックとは、短時間の間に寒暖差のある場所へ移動した時に血管が急激に収縮し血圧や脈拍が大きく変動する事で、身体に大きな負担をかけてしまいます。例えば、暖房で温かいリビングを出て冷え切った脱衣所で入浴準備をしたり寒いトイレに行った時などにヒートショック症状が起こりやすくなります。

ヒートショックによって、脳梗塞や心筋梗塞を起こし倒れたり意識を失ったり場合によっては突然死してしまう事もあります。

ちょっと驚く数字ですが、日本では年間に1万人以上がヒートショックによって死亡していると言われています。

その中でも特に多いのが高齢者で、家庭内で亡くなる高齢者の4人に1人がヒートショックが原因という話もあります。

それと、糖尿病や高血圧、心臓病患者さん。

これら複数の持病がある人は要注意です!

私なんかはとても危険な部類に入ります。

これらのリスクを取り払うためには全ての部屋を暖かくするのが理想ですが電気代もばかになりませんから、持ち運びできる小型の電気ヒーターなどを脱衣所やトイレなどに持ち込むリスクが小さくなります。

先週末は強い寒波の影響で全国的に急激に気温が低下しました。今週末も同様の気気候が想定されていますから警戒が必要ですね。

くれぐれもヒートショックにはご注意を!
posted by グルメ | Comment(0) | ■ 一人暮らしの糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ