2014年12月10日

ヒートショックにご注意を!

ヒートショックとは、短時間の間に寒暖差のある場所へ移動した時に血管が急激に収縮し血圧や脈拍が大きく変動する事で、身体に大きな負担をかけてしまいます。例えば、暖房で温かいリビングを出て冷え切った脱衣所で入浴準備をしたり寒いトイレに行った時などにヒートショック症状が起こりやすくなります。

ヒートショックによって、脳梗塞や心筋梗塞を起こし倒れたり意識を失ったり場合によっては突然死してしまう事もあります。

ちょっと驚く数字ですが、日本では年間に1万人以上がヒートショックによって死亡していると言われています。

その中でも特に多いのが高齢者で、家庭内で亡くなる高齢者の4人に1人がヒートショックが原因という話もあります。

それと、糖尿病や高血圧、心臓病患者さん。

これら複数の持病がある人は要注意です!

私なんかはとても危険な部類に入ります。

これらのリスクを取り払うためには全ての部屋を暖かくするのが理想ですが電気代もばかになりませんから、持ち運びできる小型の電気ヒーターなどを脱衣所やトイレなどに持ち込むリスクが小さくなります。

先週末は強い寒波の影響で全国的に急激に気温が低下しました。今週末も同様の気気候が想定されていますから警戒が必要ですね。

くれぐれもヒートショックにはご注意を!
posted by グルメ | Comment(0) | ■ 一人暮らしの糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

働く一人暮らしの糖尿病対策 (後編)

仕事をしていて一人暮らしをしている男性(私もそうです。)にとって自炊をするというのは非常に困難です。まず時間的にそういう余裕が無いし、遅くまで仕事をして帰宅してから夕ご飯の支度をするような気力なんて残っていないという人が大半ですから。

どうしても、仕事帰りにスーパーやコンビニなどで弁当を買って自宅で食べるというパターンが多くなってしまう。弁当のメインディッシュは揚げ物が中心になりますし、添えられた野菜はごく僅かですから非常にバランスの悪い食事になってしまう。

せめて野菜だけでもしっかりと摂りたいものです。

でも、野菜は洗うのに時間が掛かるし、サラダとして食べるにしてもカットしたりと大変です。食べる準備に時間や手間暇がかからず且つビタミン類を豊富に含む野菜という条件を満たすのが以下の野菜です。

@ 大根おろし

ダイコンはビタミンCが豊富でジアスターゼやオキシターぜ等の酵素を含んでいて胃もたれを防ぎ胃潰瘍などを予防する効果があります。また、魚のこげに含まれる発ガン物質を抑制する効果があると考えられています。食物繊維も豊富です。

ピーラーでサッサッと皮をむいておろし器で擦るだけですから2分程度で完了!

A オニオンスライス

玉ねぎが糖尿病に効果が見込める事は何度も記事にしていますのでここでは敢えて書きませんが、特に合併症の予防には効果的で、動脈硬化の防止という点からも非常に有効な野菜です。この時期なら新玉ねぎがありますから生食しても臭いが気になりません。

外皮を手でむいて薄切りにしドレッシング(ポン酢が効果的)をかければ終わり。こちらも2分程度でしょうか。

B カイワレ大根

βカロチンが非常に多く含まれていますしビタミンB1・B2・B6等のビタミンB群も多く含まれています。糖質の代謝を促進するビタミンB群が豊富ですから糖尿病の予防や改善効果が見込めます。また、意外とビタミンCが多いですから疲労回復や免疫力アップに繋がるという、とても優秀な野菜です。

ザルに入れ、サッと洗ってスポンジの少し上の部分をカットするだけです。これも2分以内で準備完了!しかも、1パック40円前後ですから実にリーズナブルです。

いかがですか?
この程度なら労力も掛かりませんから出来そうだと思いませんか?

スポンサードリンク




posted by グルメ | Comment(2) | ■ 一人暮らしの糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

働く一人暮らし男性の糖尿病対策 (前編)

仕事をしていて一人暮らしという男性で自炊をしている人はかなり少ないと思います。まず、時間的に自炊をする余裕がありませんし、仕事を終えてお腹ペコペコ且つクタクタてすから帰宅してから料理を作って食事というのは有り得ないという方が大半ではないでしょうか。

私も仕事をしていますし一人暮らしですからよく分かります。私の場合は3食全てが自炊(弁当持参)ですが、これは糖尿病だからという事だけではなくて経済的な問題も絡んでいますからなんとかクリア出来ているというのが実情です。

実際のところ、自炊が必ずしもコスト的に有利かというと疑問ですけどね。

私の場合は自宅近くに何軒もの八百屋さんがありますし割安のスーパーが数店ありますから自炊による節約効果がありますが、そういう立地ではない人にとっては自炊は寧ろ割高になるケースが少なくありません。

廃棄ロスがバカになりませんしね。

そういう様々な理由から働く一人暮らし男性の多くはスーパーの弁当やお惣菜、テイクアウト弁当で晩ご飯というスタイルが圧倒的だと思います。それはそれで仕方ないのですが、そういう食事スタイルではどうしても野菜不足に陥ってしまいます。

「私は野菜が入ったお惣菜を買って食べているから大丈夫。」という人もいるでしょうが、あの味付けの濃さは糖尿病には大敵です。私もたまに惣菜セットを買うのですが、あまりの甘辛さに驚かされます。

「いったいどれほど大量の砂糖や醤油を入れてるんだ?」

それに、メインディッシュは揚げ物がどうしても多くなります。売っている惣菜はほとんどが揚げ物ですから仕方ないと言えば仕方ない。体に悪いオメガ6系の油、しかも酸化して変色した汚れた油で調理された揚げ物が少なくないですからねぇ。

自炊は無理という人でもこの程度の事なら時間も労力もかからない、糖尿病に効果が見込まれる野菜の摂取方法があります。

・大根おろし
・かいわれ大根
・オニオンスライス

いずれも実に簡単だし時間もかかりません。いずれも5分以内で準備出来るものばかりです。しかも、糖尿病に効果がある食材ばかり!

【後編に続く】
posted by グルメ | Comment(2) | ■ 一人暮らしの糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする