2017年05月28日

【北海道大】皮膚に貼るインフルエンザワクチンを開発!

医学の進歩は著しいものがありますね。北海道大学などのチーム(獣医学研究院の迫田義博教授がリーダー?)が、皮膚に貼る新しいタイプのインフルエンザワクチンを開発した事を学会で発表しました。

マウスを使った実験では注射より効果が高いことが確認されており、新型インフルエンザ「H5N1型鳥インフルエンザウイルス」にも効果があったらしい。

迫田教授の北海道大学獣医学研究科微生物学教室では、インフルエンザ、ペスチウイルス、フレボウイルス等を
研究されているようです。

同教室のホームページでは研究内容や活動内容、そして、迫田教授始めスタッフの方々の写真も掲載されています。

現在はマウス実験段階ですが、今後は人間での臨床効果を確かめる事になるでしょう。良い結果が得られると良いですね。大いに期待したい。

posted by グルメ | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 健康全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

やはりインフルエンザワクチンの効果は低いのか?

一部の医療関係者の間でインフルエンザの予防接種に異を唱える動きがあるのをご存知の方も少なくないでしょう。

その中で中心的役割を果たしているのが、ウイルス学を修め国立公衆衛生院(現・国立医療保健医療科学院)疫学部感染症室長も務めた母里啓子先生です。

こういう衝撃的なタイトルの本を出版されています。



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
インフルエンザ・ワクチン、どうしてみんな打つのでしょう。もちろん、効くと思っているからでしょう?でも、まったくと言っていいほど効かないのです。これはウイルスを学んだ者にとっては常識です。本書では、どうして効かないのか、どうして著者がインフルエンザ・ワクチンは必要ないと言い続けているのか。その理由を、わかりやすくお話しします。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 インフルエンザ・ワクチンなぜみんな打つの?/2 知っていましたか?インフルエンザ・ワクチンが効かない理由/3 インフルエンザ・ワクチンの4つの嘘/4 「打っておいたほうがいい」どころか害毒/5高齢者だけでなく乳幼児も狙われています/6 医師も、研究者も、マスコミも、しっかりしてほしい/7人間とウイルスの闘い、現代日本にとってのワクチン/8 インフルエンザにかかったかなと思ったら…

先日、長野県の病院でインフルエンザの院内感染があり、患者1名(70歳代)と女性看護師1名(40歳代)がお亡くなりになりました。


患者と看護師死亡=インフル院内感染―長野

時事通信 1月19日(月)18時29分配信

長野県松本市の国立病院機構まつもと医療センター松本病院は19日、患者と職員計25人がインフルエンザに院内感染し、うち同市の40代女性看護師と同県内の70代男性患者が死亡したと発表した。同病院によると、10日にインフルエンザ患者3人が入院。その後19日までに、患者21人と看護師4人の新たな感染が確認された。
70代患者は白血病で入院していたが、15日にインフルエンザを発症し、2日後に肺炎で死亡。女性看護師は予防接種を受けていたが、16日に症状を訴えて同病院に搬送され、翌日に別の病院でインフルエンザ脳症のため死亡した。他の感染者の多くは快方に向かっているという。 

上記の記事内にもあるように
この女性看護師さんはインフルエンザの予防接種を受けていました。

インフルエンザの予防接種を受ける意義の1つ。

「感染しても重症化しにくい。」

う〜ん ワクチン接種推奨派と否定派(むしろ害毒だと指摘)
どちらが正しいのか?

因みに私は19歳の時にインフルエンザに罹患し、その後、一度も予防接種は行っていませんがインフルエンザになった事は一度もありません。

posted by グルメ | Comment(0) | ■ 健康全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

糖尿病患者でも炭酸飲料が飲みたい!

炭酸飲料を飲むとスカッとして美味しいし気持ちが良いのですが、ほとんどの炭酸飲料はブドウ糖液糖などが入っておりカロリーも45キロカロリー前後ありますので糖尿病患者にとって避けなければならない物である事は言うまでもありません。

また、カロリーゼロの炭酸飲料も実際はカロリーゼロではありませんし(5キロカロリー以内はカロリーゼロ表示が可能)人口甘味料のには様々な弊害が指摘されていますので。

基本的に糖尿病患者は炭酸飲料を避けるべきというのが実情です。

それでも炭酸飲料が大好きで我慢できずに飲んでいる人もいるでしょうし、飲みたくてもう我慢できないという人もいるかもしれません。

実は私も炭酸飲料大好き人間なのです。

なんとかして糖尿病患者でも炭酸飲料を飲む事ができないだろうか?

少しでも血糖値を上げずに炭酸飲料を味わう事は出来ないだろうか?

という事で私が飲んでいる炭酸飲料についてご紹介します。ただし、あくまでも普通に売られている炭酸飲料を飲むぐらいなら、こういう飲み方をした方がベターだというレベルの話であり、この方法で飲めば糖尿病の人でも飲んでも大丈夫だという話ではありませんので、その辺りは誤解なきようお願い致します。

私が飲んでいる炭酸飲料は、こういうものです。

100%果汁のジュースをコップに少量入れ、炭酸水をメインに少しミネラル水を足して飲む。ミネラル水を足すのは私が微炭酸が好きだからです。あまり炭酸が強いと美味しく感じないものですから。その日の気分でミネラル水の量を加減しています。

果汁が少量であればカロリー面でも等分の摂取量もごく僅かになりますから。

果汁を少し混ぜるだけでも、ほんのりと果汁の味わいがあって炭酸水でスカッとしますから、とても美味しいです。

前述のように、この飲み方なら糖尿病であっても飲んでも大丈夫というわけではありませんが、市販の炭酸飲料を飲むよりは明らかにマシです。
posted by グルメ | Comment(0) | ■ 健康全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする