2018年02月04日

ヒートショックにご用心!年間死亡者数はこんなに多い。

今日は一段と寒いですね。私の所も今朝から雪が舞っていてとても寒いです。晴れているのですが大きな綿雪が強めの風でゆらゆらと。

こういう寒い日は特に注意したいのが「ヒートショック」です。

最近よく耳にする言葉ですが、ヒートショックというのは室内などで異なる部屋への移動尾際に寒暖差がもたらす血圧の急変動が原因で、脳出血・脳梗塞・心筋梗塞などを引き起こしてしまう事です。

暖かいリビングから寒いトイレに移動したり入浴時の脱衣所と浴室の出入りの際などに発生しやすく、特に高齢者が多いという特徴があります。

ヒートショックが原因で絵死亡する人の数は。年間1万8千人前後と言われており、12月から2月にかけて集中しています。

死亡者だけでこれだけの人数ですから、死に至らないまでも救急搬送された方まで含めると相当なで人数になると思います。

防ぐ方法としては、可能な限り、以下の方法を取る事が好ましいと思います。
・脱衣所・トイレなどに小型でも良いので暖房器具を置く。
・食事直後や飲酒後の入浴は避ける。
・入浴前にシャワーなどで浴室を温めておく。
・湯船の温度は可能な限りあまり熱くしない。40度が適温。


糖尿病、高血圧、心臓病の方は特に注意が必要です。

スポンサードリンク





posted by グルメ | Comment(0) | ■ 健康全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

1回飲むだけのインフルエンザ新薬「ゾフルーザ」5月発売予定

昨年10月に厚労省に承認申請していた塩野義製薬の新型インフルエンザ薬「ゾフルーザ」が、厚労省の了承を得ました。このまま順調にいけば3月に承認そして5月に販売されそうです。

現在のインフルエンザ薬の主流はタミフルですが、タミフルは1日2回、連続して5日間の服用が必要になりますが「ゾフルーザ」は1回飲むだけで治療できるとの事。

しかも、タミフル以外のインフルエンザ既存薬とは作用が異なり、ウィルスの量を早期に減少させた事が臨床実験で確認されています。

臨床実験では「タミフル」に比べて抗ウイルス効果が高く、投与翌日には半数以上の患者で感染性を持つウイルス量が減っていることが認められています。

すなわち、この薬を服用する事によってインフルエンザの拡大リスクを大幅に減少させる可能性が極めて高いという事です。、

同社は、現在アメリカでも承認申請をしており今年度中に承認される可能性が高いと考えられています。

同社の見通しによると「ゾフルーザ」の世界での売り上げ規模を年間10億ドル強(1000億円)と見込んでいる(昨年10月段階で)ようです。

同社の2016+年度の総売り上げは3400億円弱ですから、1つの薬でプラス1000億円アップというのは非常に寄与度が高いですね。

実にスゴイ薬を開発したものです。
スポンサードリンク



posted by グルメ | Comment(0) | ■ 健康全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。