2009年05月09日

糖尿病入院日記 第12話

体重測定、そしてインスリン注射という朝の日課にも次第に慣れて来て当初、とても抵抗があった自分で注射するという行為も苦痛には感じなくなってきた。人間、慣れるのは早いものです。

やっと点滴から開放された事がとにかく嬉しくて一気に行動範囲も広がった。血糖値もかなり下がって来たので体調も良いし、とにかく何不自由なく病院内を移動出来るのが最高です。

私は読書が好きなので入院生活自体はさほど苦痛にはならないけど、娘に会えないのは辛かった。院内感染の心配もあるので病院には連れて来ない様にしていたので電話で話をするくらいしか出来ない。話をすると言っても未だ言葉はしゃべれないので会話にはならないけども、その息遣いや奇声を聞くだけで幸せです。

入院した事は社内の人間しか知らせていないし、親には検査入院としか知らせていない。社内の人間には私の見舞いに来るよりも仕事に精を出して欲しいと言っていたので誰も見舞いに来る事は無い。

ベッドに腰を降ろして読書をしていたら「社長っ」という声が聞こえたので声の主に目をやると証券会社の支店長と課長が大きな花束を抱えて入り口に立っていた。

入院して最初の訪問者だった。

気心の知れた人達なので部屋の外で会話が弾んだ。何故、入院の事を教えてくれなかったのかと言われたけど病名を聞く様な野暮な人達ではないので助かった。聞きたい思いはヤマヤマだっただろうけど。

彼らが帰り病室に戻ると、向かい側の患者さんが話し掛けてきた。

「あなたは社長さんなの?」
「はい。小さい会社ですよ。」
「二代目?」
「いいえ 自分で創業しました」
「へえー」

その時、彼の見舞い客が来た。以前に来た若くて美人の女性だった。相変わらず美しい人だ。しかも知的な雰囲気に包まれた人で、一際、目立つ存在。

彼は彼女が来ても私との会話をやめようとはぜずに、逆に、彼女に私の事を紹介し始めた。

彼女の美しい大きな瞳が私を見詰めた瞬間、吸い込まれそうな気分になった。(なんて魅力的な人なんだろう)

私は性格的に浮気など絶対出来ないタイプだし、そういう行為は卑劣だとさえ思っているけど、こういう女性だったら少しだけ気持ちがぐらつくかもしれない。

彼が相変わらず私に話しかけてくるので、「ちょっと電話をしなければならないので」と言って病室を出た。

1回まで降りて売店で飲み物を買い、喫煙ルームでタバコを吸った。担当医や看護婦さんからはタバコは吸ってはいけないと言われていたけど、これだけは止める事が出来ない。

部屋に直ぐ戻ると臭いでばれてしまうので少し時間を置いて病室に戻った。すると例の男性が「看護婦さんが探してましたよ。会社に電話をしに行ったと言っておきましたから」とウインクした。

どうも、私がタバコをポケットに入れるのを見ていたらしい。

彼が言い終わるかどうかという時にすぐに看護婦さんがやって来た。
posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病入院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

糖尿病入院日記 第11話

朝の回診で担当医から2つの話があった。1つは食後に軽い運動療法を始めるという事、もう1つは糖尿病教室に出席してくださいという事だった。

相変わらず無機質でロボットみたいに人間らしさを感じない担当医だけど「明日から運動療法を始める」という話があった時にはうれしくて投げキッスを送りたい心境だった。

やっと外の空気が吸える。。。

しかも、この運動療法は私が毎日ベッドから眺めている公園を歩くという事なのでワクワクした。病院独特の薬品臭が漂う空間から一時の間ではあるけど開放されて草木の香りを嗅ぐ事が出来るのは想像するだけで楽しみ。

回診が終わって眼下の公園を眺めていると向かい側の患者さんが私に話しかけてきた。

「良かったですね。明日から外に出れて」

「はい ありがとうございます。」

よく考えると彼は全く外には出ていないし、身体の状態は決して良くない事は一見しただけで分かる。この病室は糖尿病患者だけだという認識を持っていたけど彼は糖尿病だけで入院している様には見えない。

病名を聞くのも失礼だと思って、少し探りを入れてみようかなと考えていたら彼の方から自分の病名などを話し出した。

「あなたみたいな若い人が、しかも全然太っていない人が糖尿病だというのには驚きましたよ。私なんか糖尿病も悪いし肝臓もやられているので、もう長くないと思ってるんだよね。あなたもキチンと治療して治さないと先々が大変だよ。」

「肝臓が悪いのですか?」

「ええ、酒の飲み過ぎでかなり悪いんですよ。時々、肝臓が凄く痛くなるんです。まあ、今まで好き勝手に生きて来たから後悔はしてないですけどね」

この病室では患者同士で話をするという風景を全く見ないし、他の患者さんは話し掛ける隙が無い人ばかりなので、彼にとっては私は格好の話し相手に映った様で、よく私に話しかけて来る。

かなり裕福な人の様でパジャマは高価なシルク、ガウンも高そうなものを着ている。シルクのパジャマは安いものもあるけど、その手のものは直ぐにシワになるが、彼のパジャマは本物のシルクなので全くシワがない。時計はロレックスと思われるし、どことなく金持ち独特の匂いがする。

ただ、眼光の鋭さや落ち着き払った言動、そして先日お見舞いに来ていた若い美人の女性、それらからすると、少しヤバイ筋の人かもしれないと思えた。

私の様な若造に丁寧語を使うというのも、そういう思いを強くさせた。丁寧な言葉遣いをしながらも声はかなりドスが効いているし存在感があるタイプなので、そういう筋の人なら幹部なんだろうなぁと勝手に妄想を膨らませていた。
posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病入院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ