2018年01月27日

ココナッツのオクタン酸のにおい物質がインスリン分泌を促進

東北大学と大阪大学の共同チームが、鼻の嗅覚神経で「におい」を感知することに役立っている「嗅覚受容体」が、ヒトやマウスなどで、膵臓のインスリン分泌細胞(β細胞)にも存在していることを発見。

ココナッツに含まれているオクタン酸というにおい物質が膵臓のβ細胞にある嗅覚受容体の一つ(Olfr15)によって感知されると、血糖値が高い時にだけインスリン分泌が促進し、血糖値が改善することを明らかにしました。

この研究成果によっおて、低血糖を起こさずに血糖値を下げる新しい糖尿病治療薬の開発が期待されます。
スポンサードリンク







驚きましたねぇ。極端な言い方をするとインスリン分泌細胞(β細胞)に鼻があってオクタン酸の臭いに反応してインスリン分泌を活発化させるみたいな感じですから。

しかも、血糖値が高い時だけに反応するとは。オクタン酸はココナッツと母乳に含まれている成分です。

実験ではマウスに経口投与するとインスリンの分泌が促進され高血糖が改善したとの事です。

ココナッツは脂肪燃焼効果や免疫力アップ、そして炭水化物の代謝を促進する効果があると言われていますが、今回発見されたメカニズムの結果と符合する部分もありますね。

ココナッツをそのまま食べると効果がありそうな気もしますが、問題はオクタン酸がココナッツのどの部分にどれぐらいあるのかという事です。

もしかしたら僅かしかないかもしれません。そうなるとオクタン酸を抽出して濃縮しなければ大した効果はないかもしれませんね。

いずれにしても創薬に繋がる可能性は非常に高いのではないかと思います。


posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

糖尿病の有病者と予備軍の合計が2000万人

厚生労働省の平成28年「国民健康・栄養調査」が発表されましたが、「糖尿病が強く疑われる者(有病者)」は約1,000 万人と推計され、前回の平成24年調査から50万人増。

また、「糖尿病の可能性を否定できない者(予備軍)」も約1,000 万人と推計され、平成9年以降増加していたが、平 成19年以降減少しているとの事です。
スポンサードリンク



予備軍が減少したのは喜ばしい事ですが、有病者と予備軍を合わせると2000万人というスゴイ数字になっています。

「糖尿病が強く疑われる者」のうち、現在治療を受けている人の割合は76.6%で前回調査から10%以上アップ。男女別でみると、男性の「40〜49歳」では、治療を受けている割合が他の年代よりも低く約半数の51.5%でした。でし

働き盛りで通院する時間が無いという事なのかもしれませんね。

糖尿病の真の怖さを理解されていない方が結構いらっしゃる可能性があります。

糖尿病を発症する前に、糖尿病の知識を増やして発症を防ぐ事が大切である事を当サイトでも力を入れて伝えていきたいと思います.
posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。