2018年02月17日

温かいお茶を1日1杯飲めば緑内障リスクが74%低下

緑茶や紅茶などのお茶を1日に1杯飲めば緑内障の発症リスクが74%も低下する事が米ブラウン大学とカリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究者らによって発表されています。

被験者は1678人。大規模とまではいきませんが、まあ、コホート研究(仮説を立てて多人数・長期間の追跡調査を行う研究)としてはやや小規模ですが、そこそこの人数。

緑内障というのは目の病気です。

通常、目の中の房水(目の中を循環する液体の事)によっで目の中の圧欲を安定させています。この圧力の事を眼圧と言います。

この眼圧が何らかの原因によって高くなり視神経を圧迫。視神経を障害して視野欠損を引き起こす病気です。日本人の失明原因の第1位で2位が糖尿病です。

両眼が同時に緑内障になるケースは少なく、緑内障になっても異常が無い方の目が視野をカバーする為に気付きにくい病気です。

日本人の場合、40歳以上では5%程度、60歳以上では10%程度の罹患者がいると推測されていますが、前述のよう自覚症状を感じにくい為、気付いていない人も少なくないようです。ある程度の年齢になれば定期健診をした方が良さそうです。

「糖尿病の合併症は糖尿病網膜症だから、緑内障は糖尿病の私には関係ない。」と思っていませんか?

米国眼科学会によって緑内障の発症リスクを高める要因リストが公開されていますが、緑内障リスクを高める要因として「糖尿病」が指摘されてされいます。『糖尿病』が緑内障のリスク要因になるとされているのです。

たった1杯の温かいお茶で緑内障リスクが74%も減るというのですから、暖かいお茶を飲む習慣を身に着けたいですね。

スポンサードリンク





posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病の合併症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「何でこんなに部屋がキレイなんだ?」「だって心臓病だから。」

「いきなりだけど、近くまで来たので少し寄ってもいい?」
「ほんと、いきなりだな w」

昨夜、いきなり友人が訪ねてきました。たぶん、先日に電話で話した時に、今月に入って心臓の調子がかなり悪いと話したので心配して来てくれたのでしょう。

部屋に入ると、開口一番、「彼女でも出来たのか?ずいぶんと部屋がキレイだなww」

「だって心臓病持ちで単身住まいだからね。」
「えっ? どういう事?」
「だって突然死するかもしれないじゃん。部屋が散らかった状態で死んだら恥ずかしいし。」

心臓病で単身者だと、多分そう考える人が多いのではないでしょうか。特に私のように心臓が危険レベルある人なら尚更です。

糖尿病と違って発作を起こしてそのまま天に召されるかもしれませんからね。

そもそも、人は死に向かって生きているのですから。

死を意識してこそ、初めてこそ生きる事の意味が見えてくると思うのです。
生きている限り輝き続けたいと、

死を恐れてびくびくした生き方をしたり、投げやりになるなんてつまんないし、もったいないじゃないですか。生きている内に、いろんあ事をして楽しみたいとは思わない。

輝いていたいのです。そして、キレイに死にたいのです。まあ、私なりの美学であって人により異なるとは思いますけどね。

人生は限りがあるから生きている時間が価値あるものになると思うのです。永遠の命なんて考えただけでも恐ろしい。あとどれぐらい生きている時間が許されるのかは分かりませんが、今という時を大切に、そして有意義なものしたいと思っています。

スポンサードリンク






posted by グルメ | Comment(0) | ■ 日々思う事・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。