2015年04月07日




一部の糖尿病薬は心不全リスクを20〜40%高める

大規模の臨床検査によって、血糖降下薬の一部に心不全リスクを高める可能性のある事が指摘されています。糖尿病の薬については医師の処方に完全依存するケースが多いようですが、薬によって著しい効果が出たりそうではないケースもあるようです。

今回のように心一部の血糖降下薬に不全リスクを高める可能性があるという事になると、やはり薬に関してある程度の知識が必要なのかもしれません。

(以下はMedエッジ記事より転載)

血糖降下薬や治療法を検証した大規模な臨床試験を総合的に検証した結果、心不全のリスクを増大させるものがあるようだ。知っておきたい。

DPP4阻害薬にもリスクあり

 カナダのトロント大学の研究グループが、糖尿病やメタボなどを専門とする国際的医学誌ランセット・ダイアベーツ・アンド・エンドクリノロジーで、2015年3月16日に報告した。

 血糖降下薬を中心とする2型糖尿病および糖尿病予備軍に対する治療に関する研究を分析して、心臓の病気や血管の病気の副作用について検証した。

 医学分野のデータベースから、2015年2月20日までに掲載された大規模な臨床試験で、心臓や血管への影響を調べた研究を検索。14の臨床試験を抽出した。関わった人は9万5502人に上り、平均の試験期間は4.3年だった。対象となった人のうち3907人(4%)が心不全を発症した。

体重の増加が問題だ

 特に、ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体(PPAR)に作用する薬は、心不全のリスクが40%以上増大した。チアゾリジン誘導体と呼ばれるもので、日本ではアクトス(商品名、一般名はピオグリタゾン)が使える。海外で使われているアバンディア(商品名、一般名はロシグリタゾン)も関係する。かねて心不全と関連すると指摘されており、あらためて確認されたことになる。

 ジペプチジルペプチダーゼ4(DPP4)阻害薬についても、25%の増加が確認された。日本ではグラクティブ/ジャヌビア(商品名、一般名はシタグリプチン)、エクア(同、一般名はビルダグリプチン)、ネシーナ(同、一般名はアログリプチン)、トラゼンタ(同、一般名はリナグリプチン)などがある。

 血糖値を強く下げていったり、体重を下げたりする治療の方針そのものは心不全の発症と関連がなかった。

 血糖を下げる治療に伴う体重増加が背景にあると見られた。薬の治療を受けている人で体重が1kg増えると、心不全リスクが7.1%増えていた。

 糖尿病の治療を進めるときには心臓の問題も気にすると良さそうだ。




posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日




糖尿病の食事療法とブログを書く事の共通点

糖尿病のブログを始めて6年近くが経過しました。いつも思うのですが、糖尿病の食事療法とブログを書く事には共通点があるな、と。

共通点とは?

継続する事の難しさです。

糖尿病の食事療法を続ける事の困難さは皆さんがご存知の通りです。

「今日ぐらい食事療法をスルーしてもいいだろう。」

しかし、1日だけスルーするつもりがタガが外れて何日も続いたりする。次第にモチベーションが下がって、「そもそも、なぜ私が糖尿病にならないといけないワケ?」「毎日、毎食、こんな仏様みたいな食事量なんて、やってらんない!」みたいに後ろ向きになってしまう。

私を含めてブログを運営している人達にはそれぞれの目的や目標というものがあります。そういうものなくしてブログをやっている人はまずいないと思います。

例えば、糖尿病治療のモチベーションを高める為であったり、同じ悩みを持つ人達との触れ合いを望んでいたり、ブログを書く事でストレス発散したり、日記の意味合いであったり、他にも様々な理由があります。

でも、ブログを更新する事が苦痛でどうしようもない時があります。

気力が失せたり、体調がすぐれなかったり、大きな悩みを抱えていたりすると

ついついブログから逃げてしまう。

1日逃げたら1週間とか2週間も更新できなくなるなんて珍しい事ではありません。人間ってなにかと理由をつけて楽な道を選びますから。そして、更新できない理由を探し出して自分を納得させようとする。まさに自己欺瞞ですね。

この辺りの心理的な展開は、糖尿病の食事療法ととても似ています。

ブログ更新を滞らせる日数が経過すればすればするほど再始動が難しくなります。

ほんと、この2つはよく似てるなぁと思うのですよね。






posted by グルメ | Comment(0) | ■ 雑感・日々思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日




娘の高校受験

娘が受験生という事もあって、この半年ほどは娘に会いに行っても彼女の母親から「映画に誘うのはやめてください。」「勉強しなきゃならないから話し掛けないで。」と厳しい言葉を浴び続けてきました。

まあ、顔さえ見れれば満足ですし、10分程度だけど娘の髪を梳かす喜びも味わえるし。ただ、時に「近く試験があるのでウチには来ないで。」と電話段階でアウト宣告される事も・・・(苦笑

そして迎えた受験。

私は心配性なものですから「もし、私立も公立も不合格だったらどういう選択をすべきか?」という事ばかり考えていましたが2月に私立に合格してホッとしました。

これで仮に第一志望の公立高校がダメだったとしても心配ないと。

そして一昨日の朝に娘から携帯に電話がかかってきました。

「パパッ 合格した!!」

合格発表を母親と一緒に見に行ったらしい。

早速、映画を観に行こうと誘われた。

もう3週間以上会ってないから早く会いたいなぁ。






posted by グルメ | Comment(0) | ■ 雑感・日々思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日




ひな祭り

今日はひな祭り。

いろんな場所でひな祭りの曲が流れています。

昨年に、「ひな祭りの歌は本当はとても悲しい話なんですよ。」と書きました。この歌の歌詞の背景を知って以来、この歌を聴くと、なんて物悲しい響きなのだろうと思うようになりました。

同時に愛娘に会いたいなぁ・・・って。
もう2週間以上も会っていないし。

娘が幼い頃は、毎年、お雛様で有名な場所に出かけていました。車で2時間ほどの場所まで出掛けてこのシーズンだけ展示されている由緒あるお雛様を見てウナギを食べて温泉に入ってみたいな。

そんな娘も今春から高校生。

私の会社が倒産して転校を余儀なくされ親友との別れ等たくさんの悲しい思いをさせてしまった。多感な年頃に父のせいで幾つものショッキングな出来事に見舞われて精神的に耐え切れるだろうかと心配の日々でしたが、いつも明るくて優しい女の子に育ってくれた娘に感謝しています。

今日はひな祭り。

娘には会えなかったけど、離れた場所から娘に幸あらん事を祈りたい。





posted by グルメ | Comment(0) | ■ 雑感・日々思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日




1日数杯のコーヒーで医者いらずか−米政府諮問委が提言 『1日数杯のコーヒーで医者いらず』と米政府諮問委が提言

コーヒーと健康の関係については様々な研究結果が報告されていて、ある研究では健康に良い、別の研究では健康に悪いと両極端な結果が報告されています。

いったいどちらが正しいのか?

この度、米国人の食事指針の変更を提言する米政府の諮問委員会が、コーヒーは心臓病や2型糖尿病のリスクを低減すると指摘しました。

【以下はブルームバーグ記事より転載】

1日数杯のコーヒーで医者はいらないかもしれない。米国人の食事指針の変更を提言する米政府の諮問委員会がこうした見解をまとめた。
.諮問委は19日の報告書で、1日3−5杯のコーヒーを飲むことは長期的な健康リスクと関連がなく、相関関係が見受けられるのは心臓病や2型糖尿病のリスク低減だと指摘した。
.諮問委メンバーでコーネル大学の栄養学者トム・ブレンナ氏は電話取材に対し「コーヒーは良いものだ。コーヒーががんに有効であるとの示唆があるとも言えず、そう考える人もいないが、リスクを高める証拠もない。あるとすれば逆の効果だ」と述べた。
.この諮問委は専門家で構成される超党派の委員会で、米食品医薬品局(FDA)や農務省など米政府機関に提言する。助言を受けて作成される政府指針は連邦政府の食料プログラムや学校給食など自治体の政策に影響する。これまでの指針ではカフェインが健康に与える影響についての言及していない。