2017年05月20日

糖尿病は治療の選択肢が多いが心臓病は選択肢が限られる

私は糖尿病だけではなく房室ブロックという心臓病も抱えています。糖尿病は治療の選択肢が多いのですが房室ブロックは糖尿病と比べると選択肢が限られますし、私の場合はペースメーカーを入れるしかないと主治医に言われました。

ペースメーカーを入れている友人に埋め込み後の体調の変化などを聞いてみたら「私の場合は埋め込み後に顕著に身体がだるくなった。ペースメーカーを入れるしかないのなら仕方ないけどね。」という事だった。

ペースメーカーの埋め込みでは合併症のリスクもたくさんありますしね。結局、様々な点を考慮して入れなかったのです。

スポンサードリンク



その後、何度か大きな発作を起こして救急車を呼ぶ事態もありましたが発作の頻度は低いです。ただ、軽い発作は2〜3ヶ月に一度のペースで訪れ動けなくなることもあります。

徐脈(心拍数が60以下)になったり不整脈(一時的に脈拍が乱れる)で脈が途切れたりします。脈が途切れた時はとても不気味だし気持ち悪くなる。「あーー 心臓が止まる!」みたいな感じ。

糖尿病は食事療法や運動療法という薬などに依存しない治療が可能ですが、私が抱えている心臓病はそういう治療法がありませんし、大きな発作は死に直結しますから実に厄介です。

糖尿病になって落ち込んでいる人も多くいらっしゃいますが、心臓病に比べるとまだ遥かにマシだと思います。ものは考えようです。糖尿病になって悩んでいる皆さん、心臓病だけではなく、もっと大変な病気を抱えている人達もいらっしゃいます。

あまり思いつめずに前向きに考えて治療に励みましょう ❕
スポンサードリンク




posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

「アークレイ社」血糖値測定器の新商品

糖尿病患者が自身の血糖値を管理する為に使用する血糖値自己測定器などを提供しているアークレイ社(京都市中京区)が今週5月15日(月)から血糖値測定器の新商品を全国の医療機関に向けて販売しています。

商品名は「グルコカード プラスケア」。

音声機能付きで画面はカラー液晶になっていて、しかも文字表示がかなり大きいので、視力が低下している人にとっても見やすい作りになっています。

この新商品ついてはアークレイさんのホームページで詳細がご覧いただけます。



      20170508_02.jpg

 写真出典:アークレイさんのホームページ


とても見やすい画面ですね。また、測定エラー時も音声で対処方法を知らせてくれるそうですから、至れり尽くせりという感じですね。

医療機関を通じて糖尿病患者に貸し出すという流れになりそうです。

2016年12月25日

それぞれのクリスマス

今日はクリスマス。いろんな思いで、いろんな場所でクリスマスを過ごしている人がいる。

私が糖尿病で入院していたのは遥か昔の事ですが、確かクリスマスの日に入院していたと記憶しています。入院中に病院食で糖尿病患者用のケーキが出てきた記憶があるからです。

見た目はケーキだけど、味も食感もケーキとは程遠かった。
ケーキもどきだったけど、まだ、食べられるだけマシとは言える。

クリスマスどころではない人もたくさんいらっしゃるのだから。

大変な病気で入院されている人達、また、事故等で入院されている人達、不幸の極みで苦しんでいる人達、そしてそのご家族の人達の事を思うと複雑な気持ちになります。

それぞれのクリスマス、全ての人の心に幸せが降り注ぎますよう、お祈りしたいと思います。
posted by グルメ | Comment(0) | ■ 雑感・日々思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする