2018年02月15日

タイガー魔法瓶が低糖質ご飯が炊ける炊飯器を発売予定

タイガー魔法瓶が、低糖質ごはんが炊ける「IH炊飯ジャー(炊きたて) とらひめ 」を、3月23日に発売するという事で多くのメディアで報道されています。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は48,000円前後(税抜)になるようです。

タピオカやこんにゃくなどを原料にした独自開発の米粒状加工食品「とらひめ」を使うことで、白米の代わりに主食として食べられるとの事。

白米(茶碗1杯130gあたり)と比較して、とらひめは糖質約47%オフ、カロリー約50%オフ、食物繊維は約8倍も多いという。原料に米は使われていないが、白米に似た食感を実現し、毎日無理なく低糖質生活が続けられるとしている。

こういう商品開発が行われる事は糖尿病患者にとってもダイエットをしている人にとっても実にありがたい事です。

タピオカの原料はキャッサバという植物の根、サツマイモに似た感じでかなり大きい。そのでん粉を加工して
タピオカが作られます。

さて、今回タイガー魔法瓶が独自開発した「とらひめ」ですが、問題は食感をどこまで違和感少なく仕上げているかに尽きるのではないでしょうか。

こんにゃく米のように白米と混ぜて炊くタイプであれば違和感は耐えられる許容範囲だと思いますが、「とらひめ」は白米無しですからねぇ。

低糖質ブームの中で、新たな人気商品となるのか?それとも、糖質47%オフならご飯量を半分にした方がマシだという評価を受けるのか?とても興味深いですね。

スポンサードリンク



posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

15年ぶりに風邪をひいた おまけに心臓発作で動けず

私は体が弱い割には風邪をひかないのですが、15年ぶりに風邪をひいてしまいました。月曜日あたりから、なんだか体がだるくて火曜日には鼻づまりの症状が出てきました。

「もしかして風邪?」

風邪の潜伏期間は5〜6日です。ちょうど5日ほど前に電車に乘って街の中心部に行きましたからその時に感染したのでしょう。計算が合います。

インフルエンザの潜伏期間は2〜3日で高熱を発したり関節の激しい痛みを伴い ますから、インフルエンザに罹るとすぐに分かるのですが風邪は意外と分かりにくいものですね。今回は鼻づまりだけだったのでなおさらです。

風邪の方は鼻づまり程度で済んだのですが問題はそのあと。風邪をひいたからなのかどうかは分からないのですが心臓発作を引き起こしてしまったのです。たまたま重なっただけかもしれないけど。

風邪で体がだるい状態から頻脈しま(脈が非常に速い状態で1分間に100以上)によって全く動けなくなってしまいました。呼吸が苦しいのなんのって。まるで酸欠状態の金魚みたいになっちゃうんです。

まあ、不整脈や徐脈(不整脈の一種で脈が異常に遅くなる。60未満)よりはマシですけどね。意識がなくなりそうになる時もあるし、心臓が止まりそうな気がしてとても気持ち悪いですから。

今は収まっていますが、最近では発作の頻度がとても高くなっている。かなり限界に近付いているのでしょう。こういう状態で独り暮らしなので部屋はいつもキレイにしています。急死した時に部屋が散らかっていたら恥ずかしいですから。

スポンサードリンク







posted by グルメ | Comment(0) | ■ 健康全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ