2015年02月19日




高脂肪食の摂り過ぎが2型糖尿病発症に大きく関与している事が判明

糖尿病発症のプロセスについては様々な原因が判明していますが、ほんと、この病気は奥が深いというか、また新しい原因が判明したようです。

昨年の10月に東京大学大学院医学系研究科の実験で脂質の過剰摂取が2型糖尿病の発症に大きく関与している事が判明しました。

細胞の中の微少管の上で物質を運ぶ45種類の『モータータンパク質』という物質があるのですが、この中でその働きが解明されていなかった『KIF12』が2型糖尿病の発症機構に重要な役割を果たしている事が判明したそうです。

KIF12遺伝子を欠損させたマウスを作製したところ、膵臓のベータ細胞から十分なインスリンが分泌されず2型糖尿病を発症したとの事。

また、脂肪を摂り過ぎるとKIF12の量が減少しベータ細胞の機能が低下するメカニズムも判明しています。

ざっくり書くとこうなります。

KIF12の量が減少 ⇒ ベータ細胞の抗酸化機能が低下 ⇒ インスリン分泌量が減少

マウスに高脂肪食を与えたところ、ベータ細胞においてKIF12の発現量が急激に低下し酸化ストレスが上昇。そしてベータ細胞の機能が低下する事が確認されました。

この研究結果はかなりスゴイと思います。

たぶん、モータータンパク質の研究をしていたらたまたま糖尿病と結びついたという事なのではないかと思います。憶測ではありますが。

さて、最近は糖尿病予防やダイエットの為に糖質を大幅に減らす代わりに肉類は食べ放題でOKだと言う方々も増えているようですが、非常に危険な考え方である事が証明されたという事になるのではないでしょうかね。

目先の血糖値ばかりにとらわれて、ベータ細胞の機能を低下させ、インスリン分泌量の減少を目指しているかの如き食生活はまさに本末転倒という事になりはしないだろうか?


因みに、今回の研究結果の中でセルベックス(エーザイで市販薬もある。)などの抗潰瘍薬の成分が糖尿病の新薬開発の可能性大としてクローズアップされています。この件はこの件で実に興味深い。今後が楽しみですね。





posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日




糖尿病治療に光! iPS細胞から膵臓細胞を効率作製

以前に糖尿病完治はiPS細胞による再生医療で可能になるだろうが早くても20〜30年後になるだろうと書きました。

先日、ヒトのiPS細胞から膵臓のもとになる「膵芽細胞」を効率よく作製することに、京都大iPS細胞研究所の長船健二教授らのグループが成功したと発表されました。

この細胞をマウスに移植したところ、インスリンを分泌する事を確認。

遂に糖尿病完治に向けた光が射したという感じでしょうか。

【以下は京都新聞記事より転載】

ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から膵臓(すいぞう)の元となる細胞を効率よく作る方法を、京都大iPS細胞研究所の長船健二教授や豊田太郎助教らのグループが開発した。マウスへの移植で血糖値を下げるインスリンの分泌も確認しており、iPS細胞を使った糖尿病の治療につながる成果。海外の科学誌で12日までに発表した。
 長船教授は「培養法の改良で効率をさらに高めたり、作製費用を減らしたりして、5年から10年の間には人に移植する臨床研究を始めたい」と話している。
 膵臓は、膵芽(すいが)と呼ばれる細胞がインスリンを分泌するベータ細胞などに変化して形作られる。iPS細胞から膵芽細胞を作る研究は世界的に進んでいるが、効率的な作製法は分かっていなかった。
 グループは、膵芽細胞を作製する際、前段階の細胞を培養液に浮遊させると、従来のシャーレに平面的に接着させる方法に比べ、効率が約4倍の40%に向上することを見つけた。この方法で作製した細胞の塊は膵芽細胞を多く含み、マウスに移植すると体内に定着してベータ細胞に変化したという。






posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日




世界の糖尿病人口、2035年には5億9,190万に!

世界的に増え続ける糖尿病人口ですが、現在の3億8,670万人が2035年には5億9,190万に増加するという試算が出ています。

糖尿病人口の多い国順のランクは、1位が中国、2位がインド、3位がアメリカ、そして日本は10位になっています。

糖尿病は発症すると現在の医学では完治が不可能な病気ですから、まだ発症していていない方は予防に努める事を強くお勧めします。

まず大切なのは糖尿病に関する基礎知識です。

私は糖尿病に関する知識が全くありませんでした。今考えると糖尿病にならない方が不思議な食生活や生活スタイルをしていましたからねぇ。もし、知識があったなら発症していなかった可能性が非常に高い。

繰り返しますが、今現在、糖尿病ではない人も糖尿病の知識を身につけてください。それが糖尿病予防の第一歩ですから。






posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日




座っている時間が長いと2型糖尿病を発症しやすい?

1日のうち座っている時間が長いと、心血管系の疾患や糖尿病などを発症するリスクが高まり、寿命が縮まる可能性があるという調査結果が米内科学会誌に発表されました。

特に1日当たり8〜12時間以上座っていると、2型糖尿病を発症するリスクは90%高くなるとの事です。

座っている時間が長かったりシフト制の仕事で夜間勤務の人は糖尿病を発症しやすいという調査結果は過去に幾つか発表されていますが、この手の調査結果は鵜呑みには出来ないと私は考えています。

だって、座っている時間が長いとか深夜勤務をしているという条件以外の要素を全て排除して実験を行っているわけではないからです。例えば、座っている時間が長い人と短い人の食生活を全く同じ条件に設定して単に時間の長短の違いだけで比較しているなら分かりますが、同量の運動をしている人達という条件設定さえない中での比較に意味があるとは思えないからです。

ただ、健康全般という事を考慮すると、別にわざわざこういう実験をしなくても感覚的に長時間座りっぱなしだったり深夜に働いて昼に眠る生活は健康に悪いだろうなぁという事は誰でも分かる事です。

そういう生活スタイルが2型糖尿病リスクを90%も高めるのだとしたら、タクシーの運転手さんやオペレーター関係の仕事をしている人は異なる仕事をしている人よりも2倍近く糖尿病になっている筈ですが、そういう報告は聞いた事がありません。

糖尿病に関する調査結果の発表では、この類のものが少なくありません。いつも、首を捻りながらこの手を記事を読んでいるというのが実情です。

説得力がない研究結果だと思わずにはいられない話が実に多いという印象が拭えないですねぇ。






posted by グルメ | Comment(0) | ■ 糖尿病の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日




糖質ゼロの日本酒を飲んでみたが・・・

糖尿病の人にとって日本酒は糖質が多いですから飲みたくても飲むのを躊躇せざるを得ないお酒である事は言うまでもありません。

私は日本酒が大好きでネットショップが無かった頃はお気に入りの大吟醸を蔵元から直接取り寄せていました。それくらい大好きだったのです。

でも、糖尿病になって以来、全く飲んでいません。

先日、スーパーで糖質ゼロの日本酒というものを見つけて早速飲んでみたのですが・・・

「水っぽくて飲めたものじゃない!」

それでもグラス一杯は飲み干しましたけど、残りは料理酒として使いました。

ただ、メーカーによると結構売れているらしい。すっきりして辛口タイプという事で人気が高まっているらしいのですが、個人的見解としてはやはり水っぽくて日本酒の旨みが全く無くて、とても飲めたものじゃないというのが率直な感想です。

という事で日本酒はやはり諦めるしかないと思っていたのですが、菊正宗が醸造アルコールを入れない純米酒を初めて開発し3月から発売するとの事。

醸造アルコールを入れない純米酒なら美味しいんじゃない?
発売初日に買ってみようと思っています。

た・の・し・み・・・

【以下は産経新聞記事より転載】

糖尿病など食事制限のある人にも楽しんでもらおうと、日本酒大手の菊正宗酒造(神戸市東灘区)は糖質ゼロの純米酒を開発した。発売は3月から。これまで糖質ゼロの日本酒は白鶴酒造(同)や月桂冠(京都市伏見区)などが販売しているが、醸造アルコールを入れない純米酒では全国で初めて。
 【 → この記事の続きを読む 】